コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロマニヨン人 クロマニヨンじんCro-magnon man

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クロマニヨン人
クロマニヨンじん
Cro-magnon man

第四紀更新世後期にヨーロッパ西部地方に現れた化石人類。フランスのドルドーニュ地方クロマニヨンの岩陰で,1868年に,後期旧石器時代のオーリニャック文化の遺物,バイソン,トナカイなどの獣骨とともに,数体の人骨が発見された。これらは現生人類の古い型であり,旧人 (→ネアンデルタール人 ) とは明らかに異なったものである。そのうち最も完全に近い成人男性骨は狭義のクロマニヨン人と呼ばれ,骨は厚くがんじょうで頭は大きく (脳容積 1590cm3) ,顔は広いが鼻骨は強く突出し,口は突出していない。また背は高く全体的に頑強な体格をしている。いくつかのコーカソイド的特徴をもっているためにコーカソイド人種の祖先であるともされている。同時代のほかの同様な化石を総括してクロマニヨン型の人類と呼ぶこともある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

知恵蔵の解説

クロマニヨン人

狭義には、フランスのレゼジーにあるクロマニヨン洞穴で1868年に発見された数体分の化石人骨。広義には、欧州に約4万年前以降に住んでいた新人の通称で、現代の欧州人の直接の祖先と考えられる。頭や体の構造はやや頑丈であるが、本質的に現代欧州人と変わらない。男性は身長は175cmほど、体重は70kgほどと推定されている。後期旧石器時代の石刃(せきじん)技法によって精密な石器(オーリニヤック型など)を作り、洞窟壁画などの芸術を発達させた。

(馬場悠男 国立科学博物館人類研究部長 / 2007年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

大辞林 第三版の解説

クロマニヨンじん【クロマニヨン人】

1868年、フランス南西部のクロマニヨン(Cro-Magnon)岩陰遺跡で発見された化石人骨。同類の人骨はその後ヨーロッパ各地で発掘された。身長は高く、約1.8メートル。年代は約四万~一万年前と推定される。新人に属し、後期旧石器文化をもつ。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

クロマニヨン人の関連キーワード典型的ネアンデルタール人オーバーカッセル遺跡レゼジー地方遺跡群ホモ・サピエンスシャンスラード人ネアンデルタールサンセゼール人グリマルディ人ドルドーニュ県ネルハの洞窟ベゼール渓谷ハイブリッドカフゼー遺跡グアンチェ族ヒューマンホミニッド岩陰遺跡小児洞上洞人新人類

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロマニヨン人の関連情報