コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロモジ

2件 の用語解説(クロモジの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

クロモジ

北海道南西部〜九州の山地にはえるクスノキ科の落葉低木。枝は暗緑色,黒い斑点があり,折るとよいかおりがする。葉は狭楕円形で両端がとがり,うすく,下面は白みを帯びる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロモジ
くろもじ / 黒文字
[学]Lindera umbellata Thunb.

クスノキ科の落葉低木。高さは普通5メートルほどになる。樹皮は帯緑色で黒斑(こくはん)があり、黒文字の名がある。葉は柄があり、質は薄く、長楕円(ちょうだえん)形で全縁、長さ4~9センチメートル。雌雄異株。花は4月、葉の展開と同時に開き、枝先の散房花序につき、淡黄緑色。雄花、雌花ともに花弁はなく、6枚の花被片(かひへん)がある。果実は液果で9~10月に黒く熟し、球形。本州、四国、九州の山地の林中に生え、中国中部にも分布する。材は古くから爪楊枝(つまようじ)に用いられる。枝葉はかつてクロモジ油採取に利用された。中国では根皮を止血剤などの薬用として用いる。北海道、東北から北陸地方の日本海側には葉がより大きく長さ8~12センチメートルとなる変種オオバクロモジが分布する。クロモジ属は北半球の亜熱帯から温帯に約100種、北アメリカに数種あるほかは、大部分が東・南アジアを中心に分布し、常緑性の種類と落葉性の種類がある。[門田裕一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

クロモジの関連キーワード渡島山地尾花岬狩場山地バイ北海道南西沖地震渡島熊鷹オニユリクルミハチク

今日のキーワード

災害派遣

天災地変その他の災害に際して,人命または財産の保護のために行なわれる自衛隊の派遣。災害出動ともいう。都道府県知事などの要請に基づいて,防衛大臣が派遣することを原則とするが,特に緊急を要する場合,要請を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

クロモジの関連情報