コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

クロモジ

百科事典マイペディアの解説

クロモジ

北海道南西部〜九州の山地にはえるクスノキ科の落葉低木。枝は暗緑色,黒い斑点があり,折るとよいかおりがする。葉は狭楕円形両端がとがり,うすく,下面白みを帯びる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

クロモジ
くろもじ / 黒文字
[学]Lindera umbellata Thunb.

クスノキ科の落葉低木。高さは普通5メートルほどになる。樹皮は帯緑色で黒斑(こくはん)があり、黒文字の名がある。葉は柄があり、質は薄く、長楕円(ちょうだえん)形で全縁、長さ4~9センチメートル。雌雄異株。花は4月、葉の展開と同時に開き、枝先の散房花序につき、淡黄緑色。雄花、雌花ともに花弁はなく、6枚の花被片(かひへん)がある。果実は液果で9~10月に黒く熟し、球形。本州、四国、九州の山地の林中に生え、中国中部にも分布する。材は古くから爪楊枝(つまようじ)に用いられる。枝葉はかつてクロモジ油採取に利用された。中国では根皮を止血剤などの薬用として用いる。北海道、東北から北陸地方の日本海側には葉がより大きく長さ8~12センチメートルとなる変種オオバクロモジが分布する。クロモジ属は北半球の亜熱帯から温帯に約100種、北アメリカに数種あるほかは、大部分が東・南アジアを中心に分布し、常緑性の種類と落葉性の種類がある。[門田裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

クロモジの関連キーワード氷ノ山後山那岐山国定公園マイクロエレクトロニクスナンピン(南平)市大山(鳥取県)ようじ(楊枝)アブラチャン輪かんじき黒文字の油鶯垣・鴬垣モジュール超小型回路奥入瀬川特用樹種シロモジ黒文字垣油脂植物香料植物茶筅袖垣雌雄異株タムシバ

今日のキーワード

歌舞伎町ブックセンター

東京都新宿区歌舞伎町にある、ホストやホステスが書店員として接客する書店。歌舞伎町でホストクラブを運営するスマッパグループの事務所1階にあるイベント・カフェスペース「jimushono1kai」に併設さ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クロモジの関連情報