コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラショー グラショーGlashow, Sheldon Lee

4件 の用語解説(グラショーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラショー
グラショー
Glashow, Sheldon Lee

[生]1932.12.5. ニューヨーク
アメリカ物理学者コーネル大学卒業 (1954) 。 1959年ハーバード大学で学位取得。コペンハーゲンノルディック理論物理学研究所スタンフォード大学カリフォルニア工科大学を経てハーバード大学教授 (67) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グラショー

米国の物理学者。コーネル大学,ハーバード大学で学び,1967年ハーバード大学教授。弱い相互作用(〈相互作用〉参照)の研究に取り組み,クォーク模型との組合せにおける重要な考えを提出,cクォーク(〈クォーク〉参照)の役割を解明。
→関連項目電弱統一理論

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

大辞林 第三版の解説

グラショー【Sheldon Lee Glashow】

1932~ ) アメリカの理論物理学者。素粒子の弱い相互作用をゲージ理論の立場から研究。また、素粒子の電磁および弱い相互作用と強い相互作用を統一する理論をつくる。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グラショー
ぐらしょー
Sheldon Lee Glashow
(1932― )

アメリカの物理学者。ニューヨークに生まれる。コーネル大学を卒業後、ハーバード大学大学院の物理学科に進み、シュウィンガーJulian S. Schwinger(1918―1994)の指導を受け、1959年に博士号を取得した。1958年から1960年にかけてデンマークへ行き、コペンハーゲンの理論物理学研究所(現、ニールス・ボーア研究所)などで2年間研究した。帰国後は、1960年から1966年まで、カリフォルニア工科、スタンフォード、カリフォルニアの各大学で研究および教育に従事したのち、1966年ハーバード大学教授に就任した。
 学生時代から素粒子間の相互作用を研究、弱い相互作用と電磁相互作用の統一(ゲージ理論)を試みて、中性の四次元の流れ(カレント)とチャーム粒子の存在を予想した。これはのちにワインバーグ‐サラムの理論として具体化されるに至った。その後もクォーク模型について考察し、GIM機構(Glashow-Ilipoulos-Maiani mechanism)を提唱するなど、統一場理論の発展に貢献した。1979年ワインバーグ、サラムとともに、「電磁相互作用と弱い相互作用の統一理論への寄与、弱い中性カレントの予言」によりノーベル物理学賞を受賞した。なお、ワインバーグとは高校、大学の学友であった。[編集部]
『シェルダン・L・グラショウ著、本間三郎訳『素粒子物理に未来はあるか――グラショウ教授が語る』(1994・丸善) ▽藤井昭彦訳『クォークはチャーミング――ノーベル賞学者グラショウ自伝』(1996・紀伊國屋書店)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

グラショーの関連キーワード満州国犬養毅内閣斎藤実内閣詩と詩論イブンサウードアメリカ合衆国オリンピック斎藤実内閣団琢磨栃内曾次郎

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone