コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラスノスチ グラスノスチ glasnost

翻訳|glasnost

5件 の用語解説(グラスノスチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラスノスチ
グラスノスチ
glasnost

公開性の意。ソビエト連邦当局がもっている情報を一般に公開することで,民主化とならんでペレストロイカを支えた柱の一つ。ゴルバチョフは 1985年に書記長に就任した際グラスノスチの重要性に言及していたが,チェルノブイリ原発事故 (1986) をきっかけに本格化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

グラスノスチ(〈ロシア〉glasnost')

情報の公開。ソ連ゴルバチョフ政権の政策の一。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

グラスノスチ

旧ソ連においてペレストロイカのもとで進められた言論・情報政策で,公開制(性),情報公開と訳される。〈声〉を意味するロシア語golosに由来。スターリン体制以来のイデオロギー的情報統制に代わる方針として1986年ころより提唱された。
→関連項目ヤコブレフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

グラスノスチ【glasnost’】

情報公開とか,公開制(性)と訳される,ペレストロイカのもとでのソ連の新しい情報政策。英語ではopenness。グラスノスチとはもともと声(ゴロスgolos)という言葉から出てきたもので,すでに帝政期の19世紀半ばに〈言論の自由〉〈検閲の廃止〉を要求するスローガンとして,ゲルツェンらが用いている。1920年代のネップ期にも党やソビエト機関の活動を公表する方針があったが,やがてスターリン体制のもとで厳しい情報統制と一元的価値の支配体制がしかれ,フルシチョフブレジネフのもとでも,緩和されたとはいえ,この体制が維持されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

グラスノスチ【glasnost'】

〔公開の意〕
情報公開。旧ソ連ゴルバチョフ政権のスローガンの一。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

グラスノスチの関連キーワード性犯罪者情報公開法情報公開制度FOIA県情報公開審査会開示と公表県情報公開条例都の情報公開制度公開特許公報出願公開制度情報公開制

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラスノスチの関連情報