コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラスノスチ グラスノスチglasnost

翻訳|glasnost

5件 の用語解説(グラスノスチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラスノスチ
グラスノスチ
glasnost

公開性の意。ソビエト連邦当局がもっている情報を一般に公開することで,民主化とならんでペレストロイカを支えた柱の一つ。ゴルバチョフは 1985年に書記長に就任した際グラスノスチの重要性に言及していたが,チェルノブイリ原発事故 (1986) をきっかけに本格化した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

グラスノスチ

旧ソ連においてペレストロイカのもとで進められた言論・情報政策で,公開制(性),情報公開と訳される。〈声〉を意味するロシア語golosに由来。スターリン体制以来のイデオロギー的情報統制に代わる方針として1986年ころより提唱された。
→関連項目ヤコブレフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラスノスチ【glasnost’】

情報公開とか,公開制(性)と訳される,ペレストロイカのもとでのソ連の新しい情報政策。英語ではopenness。グラスノスチとはもともと声(ゴロスgolos)という言葉から出てきたもので,すでに帝政期の19世紀半ばに〈言論の自由〉〈検閲の廃止〉を要求するスローガンとして,ゲルツェンらが用いている。1920年代のネップ期にも党やソビエト機関の活動を公表する方針があったが,やがてスターリン体制のもとで厳しい情報統制と一元的価値の支配体制がしかれ,フルシチョフブレジネフのもとでも,緩和されたとはいえ,この体制が維持されてきた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

グラスノスチ【glasnost'】

〔公開の意〕
情報公開。旧ソ連ゴルバチョフ政権のスローガンの一。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

グラスノスチの関連情報