コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グラスノスチ glasnost

翻訳|glasnost

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

グラスノスチ
glasnost

公開性の意。ソビエト連邦当局がもっている情報を一般に公開することで,民主化とならんでペレストロイカを支えた柱の一つ。ゴルバチョフは 1985年に書記長に就任した際グラスノスチの重要性に言及していたが,チェルノブイリ原発事故 (1986) をきっかけに本格化した。その目的は,ペレストロイカの障害となっていた保守官僚を批判するとともに,受動的な国民を活性化することにあった。『アガニョーク』,『論拠と事実』,『モスクワ・ニュース』などの新聞・雑誌が中心的役割を果し,ノメンクラトゥーラの不正や腐敗,国家保安委員会 KGBの違法活動からソ連社会の否定的側面まで明らかにされるようになり,禁止されていた多くの文学作品や映画も出版,公開されるようになった。特にスターリン時代の歴史の見直しも活発になった。グラスノスチは次第に言論・思想の自由化へと拡大し,政府・党への批判も現れるようになった。グラスノスチによる市民の意識改革が,一党独裁の廃止や8月クーデター阻止の原動力となったといえる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

グラスノスチ

旧ソ連においてペレストロイカもとで進められた言論・情報政策で,公開制(性),情報公開と訳される。〈声〉を意味するロシア語golosに由来。スターリン体制以来のイデオロギー的情報統制に代わる方針として1986年ころより提唱された。新聞・雑誌が推進役となり,社会の問題点の率直な批判や,タブーとされていた歴史の見直し,禁書の解禁,情報提供が進められた。→ゴルバチョフスターリン批判
→関連項目ヤコブレフ

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

グラスノスチ【glasnost’】

情報公開とか,公開制(性)と訳される,ペレストロイカのもとでのソ連の新しい情報政策。英語ではopenness。グラスノスチとはもともと声(ゴロスgolos)という言葉から出てきたもので,すでに帝政期の19世紀半ばに〈言論の自由〉〈検閲の廃止〉を要求するスローガンとして,ゲルツェンらが用いている。1920年代のネップ期にも党やソビエト機関の活動を公表する方針があったが,やがてスターリン体制のもとで厳しい情報統制と一元的価値の支配体制がしかれ,フルシチョフブレジネフのもとでも,緩和されたとはいえ,この体制が維持されてきた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

グラスノスチ【glasnost'】

〔公開の意〕
情報公開。旧ソ連ゴルバチョフ政権のスローガンの一。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

グラスノスチの関連キーワードエフレーモフ(Oleg Nikolaevich Efremov)ストヤーノフ(Petǎr Stoyanov)ソビエト社会主義共和国連邦ソ連崩壊と東欧の歴史的変革ソビエト連邦史(年表)ソルジェニーツィンモスクワ・ニュースソビエト作家同盟プロレタリア文学ソビエト共産党シェワルナゼクロコディルロシア映画カニンガムロシア演劇女性運動ロシチン共産党

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

グラスノスチの関連情報