コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

グレート・ベースン グレートベースン

2件 の用語解説(グレート・ベースンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

グレート・ベースン

米国西部にある三角形の巨大な盆地。シエラ・ネバダ山脈カスケード山脈,ウォサッチ山脈とコロラド高原に囲まれた範囲で,ネバダ州を中心とし,ユタ,カリフォルニアオレゴンアイダホ州の一部に広がる。
→関連項目アメリカ合衆国ネバダ[州]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレート・ベースン
ぐれーとべーすん
Great Basin

アメリカ合衆国西部に広がる高原状の大盆地。東はワサッチ山脈とコロラド高原に、西はカスケード山脈の南部とシエラ・ネバダ山脈に限られ、ネバダ州全域とユタ州西部、オレゴン州南部、カリフォルニア州北東部と南東部にわたる。面積50万平方キロメートル以上。北部250~300ミリメートル、南部100ミリメートル以下と年降水量が少なく、大部分の河川は海への流出口がない。代表的な内陸河川としては、ネバダ州北部のハンボルト川がある。多数の山脈と盆地とが交互に並ぶのが特徴で、盆地には、砂漠やステップが広がっている。砂漠としてはグレート・ソルト・レーク砂漠、デス・バリーモハーベ砂漠が有名で、ステップはおもに放牧地となっている。更新世(洪積世)には盆地は湖となっていた。現在のグレート・ソルト・レークはその名残(なごり)である。[鶴見英策]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone