グレート・ベースン(読み)グレートベースン

百科事典マイペディアの解説

グレート・ベースン

米国西部にある三角形の巨大な盆地。シエラ・ネバダ山脈,カスケード山脈,ウォサッチ山脈とコロラド高原に囲まれた範囲で,ネバダ州を中心とし,ユタ,カリフォルニア,オレゴン,アイダホ州の一部に広がる。約50万km2。盆地内にはいくつもの高地や低地があり,地形は複雑である。特にデス・バレーの低地は有名。またグレート・ソルト湖もある。河川の大部分は内陸水系に属する。気候は大部分がステップと砂漠であるが,山地には森林が見られる。おもな産業は牛・羊の放牧と観光。鉱山資源にも恵まれる。
→関連項目アメリカ合衆国ネバダ[州]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

グレート・ベースン
ぐれーとべーすん
Great Basin

アメリカ合衆国西部に広がる高原状の大盆地。東はワサッチ山脈とコロラド高原に、西はカスケード山脈の南部とシエラ・ネバダ山脈に限られ、ネバダ州全域とユタ州西部、オレゴン州南部、カリフォルニア州北東部と南東部にわたる。面積50万平方キロメートル以上。北部250~300ミリメートル、南部100ミリメートル以下と年降水量が少なく、大部分の河川は海への流出口がない。代表的な内陸河川としては、ネバダ州北部のハンボルト川がある。多数の山脈と盆地とが交互に並ぶのが特徴で、盆地には、砂漠やステップが広がっている。砂漠としてはグレート・ソルト・レーク砂漠、デス・バリーモハーベ砂漠が有名で、ステップはおもに放牧地となっている。更新世(洪積世)には盆地は湖となっていた。現在のグレート・ソルト・レークはその名残(なごり)である。[鶴見英策]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

人望

信頼できる人物として、人々から慕い仰がれること。「人望を集める」「人望を失う」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android