コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ケヤキ(欅) ケヤキZelkova serrata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケヤキ(欅)
ケヤキ
Zelkova serrata

ニレ科の落葉高木。東アジア温帯特産する。高さ 30mに達するものもあり,梢が高く広がる美しい樹形である。山地自生もするがしばしば人家に植えられ,特に関東平野では屋敷林の代表的な構成種であり,独特の景観をつくっている。葉は有柄で左右不整形,縁に鋸歯がある。雌雄同株で,花は春に咲くが小さくて目立たない。材は堅く木目(→木理)が美しいので,古くから伽藍などの建築材として用いられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ケヤキ【ケヤキ(欅) Zelkova serrata (Thunb.) Makino】

谷間の肥沃地に生え,都市の街路樹としても多いニレ科の落葉大高木で,日本の代表的広葉樹の一つである(イラスト)。古名はツキ(槻)。扇を半開したような美しい樹容をなし,高さ40mに達するものがある。樹皮灰白色で,老木では大きな鱗片となって剝離する。葉は2列状に互生し,狭卵形ないし卵状長楕円形で,長さ3~10cm,表面がざらつき,側脈の先端は鋭い鋸歯に終わる。葉の裏と柄に短毛の密生する型をメゲヤキという。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

ケヤキ(欅)の関連キーワード谷間

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android