ケンドル(英語表記)Kendal, William Hunter

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ケンドル
Kendal, William Hunter

[生]1843.12.16. ロンドン
[没]1917.11.7. ロンドン
イギリスの俳優,劇場支配人。本名 Grimston。シェークスピアから軽喜劇まで,広い芸域で活躍。女優の妻マッジ (1849~1935) とともにセント・ジェームズ劇場を経営し,俳優の養成とその地位向上に努めた。

ケンドル
Kendall, Edward Calvin

[生]1886.3.8. コネティカット,サウスノーウォーク
[没]1972.5.4. プリンストン
アメリカの生化学者。 1915年から 51年までメーヨークリニックの生化学部長。 52年からプリンストン大学化学客員教授。甲状腺の研究からチロキシンを分離,またグルタチオンを結晶化し,その化学的性質を決定した。次いで副腎皮質の研究に転じ,35年,ホルモンのコーチゾンの分離に成功したのち,臨床への応用を研究し,48年,コーチゾンを慢性関節リウマチに使用して成功した。 50年,副腎皮質ホルモンの研究によって,同僚の P.S.ヘンチ,スイスの T.ライヒシュタインとともにノーベル生理学・医学賞を受賞。

ケンドル
Kendall, Henry

[生]1839.4.18. ニューサウスウェールズ,カーミントン
[没]1882.8.1. シドニー
オーストラリア最初の注目すべき詩人。自国の風景を初めて歌った『オーストラリアの森から』 Leaves from Australian Forest (1869) ,『山の歌』 Songs from the Mountains (80) などがある。

ケンドル
Kendal

イギリスイングランド北西部,カンブリア県南部,サウスレークランド地区の町。県都カーライルの南南東約 60kmにあり,ケント川に臨む。製靴,毛織物,敷物,製紙などの工業が行なわれ,石灰岩を産する。羊毛工業の歴史は古く,1331年フランドル人の織工が来住したことに始まり,「羊毛は私のパンだ」Pannus mihi panisをモットーに市民がこぞって羊毛工業の町づくりを推し進めてきた。ケンドル・グリーンと呼ばれる毛織物はもはやつくられていないが,カーペットなどの敷物には伝統的な技術がいかされている。美しいレークディストリクト(湖水地方)への観光基地。12世紀のホーリー・トリニティ聖堂,ローマ時代の遺跡などが保存されている。人口 2万8030(2001)。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

ケンドル【Edward Calvin Kendall】

1886~1972) アメリカの生化学者。1914年に甲状腺ホルモン(チロキシン)を単離結晶化。副腎皮質ホルモンのコルチゾンを分離・合成、その治療効果を明らかにした。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

肉肉しい

肉料理に対する形容の一つ。しっかりした食感や肉汁が溢れるなど、強く「肉っぽさ」を感じさせる料理を表すのに用いられる。2010年代後半に、塊肉や熟成肉、肉バルなど様々な肉料理の流行に伴い、テレビや雑誌な...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android