コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コアカソ(小赤麻) コアカソBoehmeria spicata

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コアカソ(小赤麻)
コアカソ
Boehmeria spicata

イラクサ科の落葉小低木。中国,朝鮮半島など東アジアの温帯に広い分布をもつ。北海道を除く日本各地の山地または平地にみられる。枝を多数出して高さ 120cmに及び,,葉柄ともに赤い。葉は対生し,長柄,菱状卵形で長さ 5cm前後,先端は尾状に伸び,葉縁にはあらい鋸歯がある。雌雄同株。茎の下部葉腋から出た花穂に雄花,茎の頂部に近く出た長い花穂に雌花がつく。果実は痩果である。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

コアカソ(小赤麻)の関連キーワードイラクサ科

今日のキーワード

熱にうなされる(間違いやすいことば)

○熱に浮かされる 高熱でうわ言をいう意味の表現は、「熱に浮かされる」が正しい。また、物事の判断がつかなくなるほど熱中することも意味する。音が似ていることから混用され、「浮かされる」が「うなされる」に入...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android