コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コリマ Colima

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コリマ
Colima

メキシコ南西部,コリマ州の州都。グアダラハラの南南西約 170km,西マドレ山脈の南の延長をなす山地中の盆地にあり,アルメリア川支流コリマ川にのぞむ。標高約 470m。 1522年に建設された古い町であるが,交通の便がきわめて悪い土地にあったため,メキシコ史上重要な役割を果すことはなかった。現在は首都をはじめとする内陸諸都市,および太平洋岸の港マンサニヨと鉄道,道路で結ばれている。周辺の農業地帯の中心地で,綿花,米,トウモロコシなどを集散,加工するほか,食塩精製,蒸留酒,製靴,皮革などの工業が立地する。コリマ大学 (1867) 所在地。人口 11万 6155 (1990推計) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コリマ【Kolyma】

ロシア連邦,シベリア北東部のコリマ川沿岸平野の名。また同地にある強制収容所群の総称。この地の収容所は1932年に一般囚人用に造られ始めたが,37年より大量テロルの犠牲者を送り込む代表的な収容所となった。囚人たちはウラジオストクから囚人船でオホーツク海を運ばれ,マガダンに上陸させられ,さらに内陸のこの地域へ送られた。-60℃の酷寒の地で,ときに13~16時間も続く金鉱や木材伐採場での労働は過酷なものであった。

コリマ【Colima】

メキシコ西部,太平洋岸の同名州の州都。人口10万6967(1990)。標高494m。コリマ山とエル・ネバド山の雄姿を望む。同州の太平洋岸地域は,灌漑が整備され,ヤシ,レモン,バナナ,サトウキビ等の熱帯農産物の主要な農業地域で,同市はその中核都市。食品加工業が重要な製造業部門。コリマ・インディオの古代王国の都であったが,1522年,フエゴ火山南麓の現在地に植民都市として建設された。【栗原 尚子】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コリマ
こりま
Colima

メキシコ南西部、コリマ州の州都。コリマ火山の南、標高458メートルのコリマ盆地に位置する。人口11万9639(2000)。スペイン統治以前はインディオのコリマン王国の領地で、1922年サンドバルによって征服された。周辺は熱帯農業地域で、サトウキビ、綿花、タバコの栽培が盛んである。1941年コリマ火山の爆発で多数の死者を出した。[高木秀樹]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

コリマの関連キーワードチェルスキー[山脈]V.I. ヨヘルソンサハ(ロシアの地名)シベリアンハスキースレドネコリムスクシウダードグスマンレビヤヒヘド諸島マグニトゴルスクV. ボゴラス古アジア諸語旧アジア諸語シベリア気団東シベリア海コリマ[川]コリマ[山]ユカギール族ユカギール語サハ(民族)ロシア連邦ピレエフス