コンプレクス

百科事典マイペディアの解説

コンプレクス

日常語としてはインフェリオリティ・コンプレクス劣等感)の略称として用いられるが,本来は精神分析の用語。一定の感情に統合され,精神生活を左右する力をもつ無意識的な観念や記憶の集合をいい,〈観念複合体〉と訳される。フロイトが提唱したエディプス・コンプレクスはその代表例。コンプレクスという概念を最も強調したユングによれば,無意識的な過程で働く心的内容の集合で,さらに個人を超えた〈普遍的(集合的)無意識〉をも想定した。
→関連項目ファザコンマザコン

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンプレクス【complex】

コンプレクスという概念を精神病理学の用語としてはじめて用いたのは,S.フロイトの精神分析療法の端緒を開いたブロイアーJ.Breuerである(1895)。彼は〈観念複合体Ideenkomplex〉と称している。しかしながら,コンプレクスという言葉をもっとも強調したのは,ユングである。彼は言語連想テストにおいて,刺激語に対する被検者の反応時間の遅延,連想不能,不自然な連想内容が,彼のいう〈感情の込められた複合体gefühlsbetonter Komplex〉に由来することを明らかにした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android