コンラート[2世](読み)コンラート

百科事典マイペディアの解説

コンラート[2世]【コンラート】

ドイツ国王(在位1024年―1039年),神聖ローマ皇帝(在位1027年―1039年)。ザリエル朝の祖。ポーランドを支配下に置き,再度のイタリア遠征でブルグントを獲得,国内諸侯をおさえ,次代ハインリヒ3世とともに帝権の最盛期を築いた。シュパイヤー大聖堂の建立者。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コンラート[2世]【Konrad】

990?‐1039
ザリエル朝初代のドイツ国王(在位1024‐39),神聖ローマ皇帝(在位1027‐39)。シュパイヤー伯ハインリヒの子。ザクセン朝断絶ののち国王に選ばれ,ザリエル朝を開いた。ポーランド,ブルグントを支配下に置き,また多くのドイツ人司教を任命して北イタリア支配を固めた。国内では王領地の拡大により王権の強化を図り,家人のミニステリアーレ階層を保護して,封土の世襲化を認め,これにより有力諸侯の自立化を抑えた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

檄を飛ばす

自分の主張や考えを広く人々に知らせ同意を求める。また、それによって人々に決起を促す。飛檄。[補説]誤用が定着して「がんばれと励ます」「激励する文書を送る」という意味でも用いられる。文化庁が発表した「国...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android