コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コーカンド コーカンド Kokand

5件 の用語解説(コーカンドの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

コーカンド(Kokand)

ウズベキスタン東部の都市。18~19世紀のコーカンドハン国の首都。綿工業などが盛ん。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

コーカンド

ウズベキスタンの都市。中央アジアフェルガナ盆地にあり,肥料・農薬などのほか,靴・靴下の大工場がある。18世紀末からロシアトルキスタン総督による征服(1876年)まで,ブハラ・ハーン国から独立したウズベクの政権,ホーカンドハーン国の主都で,清との貿易で栄えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

コーカンド【Kokand】

中央アジア,ウズベキスタン共和国東部のフェルガナ盆地西側,ソフ川下流の都市。人口18万4000(1993)。フェルガナ盆地は有数の綿花,ブドウ栽培地帯で,この町にも綿花精製・化学肥料・食料品工業がある。10世紀にアラビア語フワーカンドKhuwākand等の名ですでに知られていたインド~中国間の隊商路の町。13世紀モンゴルに破壊された。1732年エスキ・クルガン要塞の場所に今日の町が生まれたが,その際12の門をもつ全長10kmの城壁が建設された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

コーカンド【Khoqand; Kokand】

ウズベキスタン共和国東部のオアシス都市。一八~一九世紀コーカンド汗国の首都で、交易で栄えた。ホーカンド。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コーカンド
こーかんど
Коканд Kokand

ウズベキスタン共和国フェルガナ州の都市。フェルガナ盆地西部、ソーフ川の下流にある。人口20万6100(2001推計)。タシケントに通じる鉄道、自動車道路の分岐点で、市の南方を大フェルガナ運河が通る。中国からの隊商路として10世紀に歴史に登場した。13世紀にはモンゴル軍の侵入によって壊滅したが、18世紀の初頭に再建されて、独立政権コーカンド・ハン国を樹立し、綿、絹の取引の中心地となった。1876年にはロシア軍に占領された。ソビエト政権樹立後は、近代的機械を備えた綿工業のセンターとなり、バターなどの食品工業も盛んになった。さらに油脂、農薬、過リン酸肥料、硫酸などの化学工業石油精製、電気工業部門でも発展しつつある。[山下脩二]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

コーカンドの関連キーワードウズベク語カラカルパク語シルダリアトルキスタンヌクス花剌子模カラカルパクスタン[自治共和国]シル・ダリヤ[川]ゼラフシャン[川]ベトパク・ダラ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone