コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴニオメーター ゴニオメーター goniometer

翻訳|goniometer

3件 の用語解説(ゴニオメーターの意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

ゴニオメーター(goniometer)

測角器。角度計。X線回折分光分析などで方位、角度を測定する計測器。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゴニオメーター【goniometer】

角度測定器。(1)X線,中性子線回折で使われる基本的装置。試料結晶の角度を変える回転軸を主体とし,ふつう検出器などを試料の2倍の角速度で動かす機構を有する。計算機制御により結晶や検出器の角度を自動で自在に変えられるものもある。精度は数秒~40秒である。とくに精密なものでは,数度の角度範囲で0.1~0.001秒の精度が得られている。(2)結晶の形態を光学的に測定する装置。角度目盛つきの一方向または直交する二方向の回転軸と光学系からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴニオメーター
ごにおめーたー
goniometer

分光角や回折角を測定する器械、周波数が等しい二つの交流の間の位相角を測定する電気計器、電波が到来する方向を測定する計器(電波用ゴニオメーター)など幅広い内容を含む角度計。
 機械的なゴニオメーターは、円周目盛り付きの回転台という一般的構造をもち、対象物の面または線を検出するための光学器械や検出器などと組み合わせて用いられる。
 電気的なゴニオメーターは、基準の交流波(正弦波電圧または電流)に対して任意の位相関係にある交流をつくりだす機械または回路を用いて、対象とする交流波の電気的位相角を測定するもので、電波方向探知器などに用いられる。位相を任意に変化させる機械としては、基準の交流で励起される2組の固定コイルとその磁場中で回転する第三のコイルとからなる誘導型ゴニオメーター、固定板と回転板とからなる可変コンデンサー2組を用いる静電型ゴニオメーターなどがある。また、任意の位相角を電子回路によってつくるものもある。[三井清人]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴニオメーターの関連キーワードX線結晶学構造化学中性子回折ブラッグ反射粒子線X線回折法電子線回折中性子線一次X線中性子散乱

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ゴニオメーターの関連情報