コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンダル ゴンダル Gondar

5件 の用語解説(ゴンダルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンダル
ゴンダル
Gondar

エチオピア北西部の地方。別綴 Gonder。国内最高峰ラスダシャン山(4533m)と国内最大のタナ湖がある。西方に向かうにつれ標高は低くなり,スーダンとの国境地帯は平野となる。主産物はコーヒーと綿花。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ゴンダル
ゴンダル
Gondar

エチオピア北西部の都市。別綴 Gonder。タナ湖北岸近くの標高約 2300mの高地に位置。 1630~1860年エチオピアの首都。城壁で囲まれた旧市街や近郊には,歴代皇帝の宮殿跡などが残る。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ゴンダル

エチオピアの北西部の都市。エチオピア高原上の,標高2300mの所に位置し,南方約30kmにはタナ湖がある。かつてはエチオピア最大の都市で,宗教,文化の中心でもあった古都で,17世紀前半から約200年間にわたっては同国の首都であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンダル【Gondar】

エチオピア高原の北部にある古都で,農産物の集散地。人口16万7000(1994)。17世紀に建設され,約200年間同国の首都となった。代々の皇帝のつくった古城の一群は,一見ヨーロッパ風のたたずまいを見せ,ユーカリの木立と美しく調和している。1941年,イギリス軍の攻撃をうけたイタリア軍が最後の拠点とした町としても知られる。【鈴木 秀夫】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ゴンダル
ごんだる
Gondar

エチオピア北西部の都市。エチオピア高原上の標高2250メートルに位置する。人口11万2249(1994)。17~19世紀のエチオピア王国ゴンダル王朝の首都で、ファシル王が1632年に築いた城はいまも残っている。1954年エチオピア最初の医学校(公衆衛生大学)がここに開校された。周辺地域の農産物の集散地で、皮革、金属、象牙(ぞうげ)細工などの産業が行われる。北東にラス・ダシャン山(4533メートル)、南にタナ湖がある。1979年、ゴンダル王朝の遺跡のあるファシル・ゲビ、ゴンダル地域が世界遺産の文化遺産(世界文化遺産)に登録されている。[諏訪兼位]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ゴンダルの関連キーワードアスマラエチオピアエチオピア高原エチオピア戦争ラリベラアビシニア高原エチオピア亜区エチオピア高地ゴンダールエチオピア饅頭

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone