コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンブルサ事件 ゴンブルサじけんGomburza Incident

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンブルサ事件
ゴンブルサじけん
Gomburza Incident

フィリピン民族主義運動初期の3神父処刑事件。ゴンブルサとは3人の姓であるゴメス,ブルゴス,サモーラの第1音節をとったもの。 1872年,マニラ南西方カビテ地区の労働者が反動的な総督ラファエル・デ・イスキエルドの政策に抗議して暴動を起こした。総督をはじめとするスペイン人らは,背後にフィリピン人在俗神父の扇動があったものとみて,同 1872年2月 17日,その代表格である3人を公開の場で絞首刑に処した。この事件はフィリピン民衆に大きな衝撃を与えた。ホセ・リサールの晩年の長編小説『反逆・暴力・革命』 (原題『離脱者』 El filibusterismo,1891) は,この事件を題材としている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンブルサじけん【ゴンブルサ事件】

1872年2月17日フィリピンで3人の在俗神父,ゴメスMariano Gomez(1799‐1872),ブルゴス,サラモJacinto Zamora(1835‐72)が処刑された事件。3人の姓の最初の音節をつないでゴンブルサGom‐Bur‐Za事件と呼ぶ。事件の直接の契機は,72年1月,ルソン島カビテ州のサン・フェリペ要塞で起きた暴動事件であった。ここで働く労働者は,従来トリブート(貢税)と強制労働を免除されていたが,この特権が突然廃止されたので,それを不服として暴動を起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android