コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ゴンブルサ事件 ゴンブルサじけん Gomburza Incident

2件 の用語解説(ゴンブルサ事件の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ゴンブルサ事件
ゴンブルサじけん
Gomburza Incident

フィリピン民族主義運動初期の3神父処刑事件。ゴンブルサとは3人の姓であるゴメスブルゴス,サモーラの第1音節をとったもの。 1872年,マニラ南西方カビテ地区の労働者が反動的な総督ラファエル・デ・イスキエルドの政策に抗議して暴動を起こした。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

ゴンブルサじけん【ゴンブルサ事件】

1872年2月17日フィリピンで3人の在俗神父,ゴメスMariano Gomez(1799‐1872),ブルゴス,サラモJacinto Zamora(1835‐72)が処刑された事件。3人の姓の最初の音節をつないでゴンブルサGom‐Bur‐Za事件と呼ぶ。事件の直接の契機は,72年1月,ルソン島カビテ州のサン・フェリペ要塞で起きた暴動事件であった。ここで働く労働者は,従来トリブート(貢税)と強制労働を免除されていたが,この特権が突然廃止されたので,それを不服として暴動を起こした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ゴンブルサ事件の関連キーワード比国フィリピン海プレートフィリピン諸島フィリピン鷲ドール・フィリピン産パパイヤの日フィリピン毛頭虫感染マレーシアとフィリピンフィリピンと中国フィリピンの戦没者遺骨問題フィリピン・インデペンデント・チャーチ