コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイカチ サイカチ Gleditsia japonica; Japanese honey locust

4件 の用語解説(サイカチの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイカチ
サイカチ
Gleditsia japonica; Japanese honey locust

マメ科の落葉高木。東アジアの温暖帯に分布する。日本では本州から四国,九州の山野や川原などに自生するが,人家の庭に栽植されることもある。幹や枝には短枝が変形したとげが多い。葉は1~2回に分れた偶数羽状複葉で,長さ 20~30cmになり,小葉は長楕円形をなし縁に細かい鋸歯をもつ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サイカチ

カワラフジノキとも。本州〜九州,東アジアの山野,川原などにはえるマメ科の落葉高木。葉は1〜2回偶数羽状複葉で,長楕円形の小葉が多数つく。雄花,雌花,両性花が1株につき,5〜6月,総状花序に4弁の淡黄色花を開く。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サイカチ【Japanese honey locust】

河原など水辺の原野に多いマメ科ネムノキ亜科の落葉高木。和名は漢方薬名の皁角子(そうかくし)から転じたという。高さ15m,胸高直径2mに達し,幹には枝の変化した大型のとげがある。葉は羽状複葉で,12~24枚の偶数個の小葉をつける。小葉は楕円形,無毛,長さ1.5~4cm,幅8~15mm。6月ころ,長さ6~10cmの総状花序を伸ばし,小型の単性花と両性花とを密につける。花は放射相称,花弁は黄緑色で楕円形,長さ約4mm,おしべは8本で花弁よりも長く,長さ約6mm。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイカチ
さいかち
[学]Gleditsia japonica Miq.

マメ科の落葉高木。高さ15メートルに達する。幹や枝に小枝が変形した太い分枝刺が多数ある。葉は偶数羽状複葉で束生するが、若い長枝につくものは2回羽状複葉で互生する。小葉は多数、ゆがんだ卵状長楕円(ちょうだえん)形で、長さ1.5~3センチメートル。夏、新葉をつけた短枝に長さ10~15センチメートルの総状花序をつけ、淡黄緑色の小さな4弁花を開く。雄花と両性花があり、雄しべ8本、雌しべ1本。豆果は広線形、長さ20~30センチメートル、扁平(へんぺい)でややねじれてゆがみ、褐色に熟す。山野や河原に生え、本州から九州に分布する。また庭園樹や街路樹とする。名は、古名の西海子(さいかいし)からの転訛(てんか)といわれる。中国名の(そうきょう)は、厳密には中国のトウサイカチG. sinensis Lam.であって、サイカチにあてるのは正しくない。トウサイカチは花に長柄があり、豆果がねじれない。漢方ではこれらの豆果や刺(とげ)を去痰(きょたん)などに用いる。[立石庸一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サイカチの関連キーワードネムノキ(合歓木)河原決明銀合歓合歓木蔓豆合歓茶アルビチア藪豆ライマビーンモダマ

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サイカチの関連情報