コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サイカチ Gleditsia japonica; Japanese honey locust

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サイカチ
Gleditsia japonica; Japanese honey locust

マメ科の落葉高木。東アジアの温暖帯に分布する。日本では本州から四国,九州の山野や川原などに自生するが,人家の庭に栽植されることもある。幹や枝には短枝が変形したとげが多い。葉は1~2回に分れた偶数羽状複葉で,長さ 20~30cmになり,小葉は長楕円形をなし縁に細かい鋸歯をもつ。雌雄同株で,花は5~6月頃に咲く。雄花は1ヵ所に数個固まってつき雌花よりも小さい。蝶形花ではなく,マメ科には珍しい4数性の花である。雌雄花とも花弁は4枚で黄緑色,雄花には8本のおしべがある。種子はねじれたの中に生じる。莢にはサポニンを含むので古くは石鹸のように用いられた。とげや種子は解毒剤としてはれものや瘡毒に用いる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サイカチ

カワラフジノキとも。本州〜九州,東アジアの山野,川原などにはえるマメ科の落葉高木。葉は1〜2回偶数羽状複葉で,長楕円形の小葉が多数つく。雄花,雌花,両性花が1株につき,5〜6月,総状花序に4弁の淡黄色花を開く。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

サイカチ【Japanese honey locust】

河原など水辺の原野に多いマメ科ネムノキ亜科の落葉高木。和名は漢方薬名の皁角子(そうかくし)から転じたという。高さ15m,胸高直径2mに達し,幹には枝の変化した大型のとげがある。葉は羽状複葉で,12~24枚の偶数個の小葉をつける。小葉は楕円形,無毛,長さ1.5~4cm,幅8~15mm。6月ころ,長さ6~10cmの総状花序を伸ばし,小型の単性花と両性花とを密につける。花は放射相称,花弁は黄緑色で楕円形,長さ約4mm,おしべは8本で花弁よりも長く,長さ約6mm。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サイカチ
さいかち
[学]Gleditsia japonica Miq.

マメ科の落葉高木。高さ15メートルに達する。幹や枝に小枝が変形した太い分枝が多数ある。葉は偶数羽状複葉で束生するが、若い長枝につくものは2回羽状複葉で互生する。小葉は多数、ゆがんだ卵状長楕円(ちょうだえん)形で、長さ1.5~3センチメートル。夏、新葉をつけた短枝に長さ10~15センチメートルの総状花序をつけ、淡黄緑色の小さな4弁花を開く。雄花と両性花があり、雄しべ8本、雌しべ1本。豆果は広線形、長さ20~30センチメートル、扁平(へんぺい)でややねじれてゆがみ、褐色に熟す。山野や河原に生え、本州から九州に分布する。また庭園樹や街路樹とする。名は、古名の西海子(さいかいし)からの転訛(てんか)といわれる。中国名の(そうきょう)は、厳密には中国のトウサイカチG. sinensis Lam.であって、サイカチにあてるのは正しくない。トウサイカチは花に長柄があり、豆果がねじれない。漢方ではこれらの豆果や刺(とげ)を去痰(きょたん)などに用いる。[立石庸一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

サイカチの関連キーワード群馬県吾妻郡中之条町市城ウスキシロチョウ根粒バクテリアシタン(紫檀)マメゾウムシ小原[温泉]カブトムシ兜虫・甲虫とげ(棘)加波良不知ろうそくキチョウ河原藤木センナ河原藤皀莢木シタン民具器官洗濯

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サイカチの関連情報