コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サカキ(榊) サカキCleyera japonica

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サカキ(榊)
サカキ
Cleyera japonica

ツバキ科の常緑樹で,東海地方から西の山林に生える。厚くて光沢のある,倒卵形で全縁の葉がに2列に互生する。枝の先端にある芽の鱗片が鳥の爪のように曲るのが特徴である。夏に1~3個の花が葉腋に固まって咲く。花弁は5枚で白い。おしべは多数あり葯 (やく) には毛がある。果実は球形で黒く熟する。神道では玉串真榊として用いる。東京など関東以北ではこのサカキが自生しないため別属のヒサカキを代用し,単にサカキと呼ぶことが多いのでしばしば混乱している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サカキ(榊)の関連キーワード裸祭[国府宮]高千穂神楽青柴垣神事春日神木ツバキ科真賢木神籬依代

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android