コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サガリバナ(下り花) サガリバナBarringtonia racemosa

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サガリバナ(下り花)
サガリバナ
Barringtonia racemosa

サガリバナ科の常緑高木。東南アジアから太平洋諸島の熱帯,亜熱帯に分布し,河岸や河口の泥地などにマングローブ林をつくる。日本では奄美大島以南の琉球列島に自生がみられる。高さ3~10mになり,よく分枝する。葉は枝先に集って互生し,倒卵形で長さ 10~30cm,先端はとがり質は厚い。枝の下部は落葉痕が目立つ。夏に,葉腋から 20~60cmもの長い花穂を下垂し,白色またはピンクの花を多数つける。花は径約 3cm,4~5枚の花弁とはなはだ多数のおしべがある。ゴバンノアシ (碁盤の足) と同属であるが,花序が長く垂れ,果実は多角錐状にはならない。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

サガリバナ(下り花)の関連キーワードマングローブ林同属

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android