サケイ(英語表記)Syrrhaptes paradoxus; Pallas's sandgrouse

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サケイ
Syrrhaptes paradoxus; Pallas's sandgrouse

サケイ目サケイ科。全長 38cm。外形はハト類に似ているが,は長くとがり,尾羽は中央の 2枚が細長く伸びている。脚は短く,羽毛に覆われる。顔は橙黄色,上面は灰褐色地に黒い横斑がある。胸は暗灰色で,雄は胸の下部に数条の黒帯がある。腹は黒く,下尾筒は白い。カスピ海北部からシベリア南部,中国北部などアジア中央部の砂漠や半砂漠,ステップで繁殖する。親鳥は巣から数十kmも離れた水場まで飛んで水を飲み,のために腹の羽毛に水を含ませて戻る。北部で繁殖する鳥は南部に渡る。ときには通常の繁殖地ではないヨーロッパに移動して繁殖することもある。日本には迷鳥として飛来記録がある。なお,サケイ科 Pteroclidaeは 2属 16種からなり,南ヨーロッパアジアアフリカマダガスカル島に分布している。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サケイ

サケイ科の鳥。翼長24cm。体は黄褐色で灰,白,黒の斑紋散在。ユーラシア大陸中央部で繁殖し,冬はやや南へ渡る。日本へはまれな迷鳥として渡来する。主として砂漠にすみ,砂浴日光浴を好む。ハトに近縁だが,ひなはわた毛でおおわれ,卵からかえるとまもなく歩く点が異なっている。植物質のものを主食とし昆虫も食べる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サケイ
さけい / 沙鶏
sandgrouse

広義には鳥綱ハト目サケイ科に属する鳥の総称で、狭義にはそのうちの1種をさす。この科Pteroclidaeには16種があり、ユーラシアとアフリカの砂漠、サバンナ、ステップに分布する。和名は砂漠にすむシャコに似た鳥という意味である。全長23~41センチメートルで、小さな丸い頭部、短い嘴(くちばし)、毛の生えた短い足をもち、翼と尾は長く、長距離の移動に耐える。羽色はじみで、小さな斑点(はんてん)があり、外敵にみつかりにくい。草木の種子、芽、昆虫を地上でとる。日に一度か二度、ときには50キロメートルも離れた水場まで出かけて水を飲み、腹の羽毛に水を含ませて、地上のくぼみにつくった巣に戻り、雛(ひな)に吸わせる。卵は普通2、3個である。
 種としてのサケイSyrrhaptes paradoxusは、カスピ海東岸からゴビ砂漠にかけて分布し、年によって増減が激しく、増えたときには遠くまで大群で侵入する。1906年にはヨーロッパまで大群が押し寄せた。日本にはまれに渡来する。[竹下信雄]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android