コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ササゴイ Butorides striata; striated Heron

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ササゴイ
Butorides striata; striated Heron

ペリカン目サギ科。ゴイサギに似ているがそれより小さく,全長 42cm。頭上は緑色光沢を帯びた黒色,背以下の背面および翼上面は金属光沢のある暗青緑色,頸側および下面はくすんだ白色。後頭には長い冠羽(→羽冠)がある。海岸や平地の雑木林などにすみ,人のいないときや夕方に水辺に出て,魚類,カエルなどを捕食する。アフリカ西部,南部からインド東アジア東南アジアオーストラリアまでの地域と,南アメリカに広く分布し,およそ 20もの亜種がある。日本には夏鳥(→渡り鳥)として渡来して繁殖し,九州地方以南では冬季残留する個体もいる。今日では別種とされているアメリカササゴイ B. virescens と日本に生息するササゴイ B. s. amurensis では,パンくずなどをまき餌として水面に浮かべ,魚をおびき寄せて捕える行動が観察されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ササゴイ

サギ科の鳥。翼長20cm。頭上が黒く,後頭部から黒い冠羽が伸びる。体は上面が暗灰色で下面は明るい灰色。世界の熱帯から温帯に広く分布し,日本へは夏鳥として渡来し,単独あるいは集団で繁殖する。
→関連項目サギ(鷺)

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ササゴイ
ささごい / 笹五位
green-backed heron
[学]Butorides striatus

鳥綱コウノトリ目サギ科の鳥。後頭に冠羽のある小形のサギ。全長約50センチメートル。背と肩は暗青緑色で、頭上は黒く、いずれも金属光沢を帯びる。後頸(こうけい)、頸側、下面などはスレート灰色。世界的に分布する。日本には夏鳥として渡来し、本州、四国、九州、伊豆諸島などで繁殖するが、南日本では越冬するものもある。
 比較的孤独性で、群れをつくることは少なく、昼間は樹上で休息し、曇天の日や夕方、早朝に湖畔、河口、海岸などに出て、小魚、カエル、カニなどをあさる。人家近くや裏山の松林や杉林に営巣する。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

ササゴイの関連キーワード蓑五位

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ササゴイの関連情報