コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サッパ Sardinella zunasi

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サッパ
Sardinella zunasi

ニシン目ニシン科の海水魚。全長約 20cm。体は細長く,腹部は著しく側扁する。背面は青緑色,腹方は白色。腹縁の稜鱗は硬く,それゆえハラカタと呼ぶ地方もある。群れをつくって沿岸内湾にすむ。日本,東シナ海黄海ポー(渤)海東南アジアに分布する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

サッパ

ニシン科の魚。地方名ハラカタ,ママカリハダラなど。全長20cmくらいになる。コノシロに似るが,背びれは長くは伸びない。背面は青緑色。北海道以南〜フィリピンに分布し,沿岸や内湾に多い。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サッパ
さっぱ / 拶雙魚
Japanese scaled sardine
[学]Herklotsichthys zunasi

硬骨魚綱ニシン目ニシン科に属する海水魚。北海道以南、本州各地を経てフィリピン方面に分布し、沿海や内湾にすむ。全長18センチメートルに達し、体は細長く、著しく側扁(そくへん)し、稜線(りょうせん)が発達する。鱗(うろこ)がはがれにくく、背部は青緑色、腹部は銀白色を帯び、近縁のコノシロと似ているが、コノシロのように背びれの最後の軟条は糸状に伸びない。主としてプランクトンを食べ、6~7月ごろ内湾で産卵する。定置網、地引網で漁獲され、総菜料理として用いられる。小骨が多いが美味であり、岡山県倉敷地方では古くからこの魚の酢漬けを「ままかり」と称して賞味する。この名は「あまりにもおいしいので食が進み、隣家でご飯を借りた」ということに由来するといわれる。[浅見忠彦]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のサッパの言及

【シルム】より

…歴史的には,5世紀ころまでさかのぼることができるといわれ,その証拠として,当時の高句麗の墳墓である角抵塚(現,中国吉林省集安)に力士を描いた壁画があり,これが最も古い朝鮮族の流れを汲むシルムの原型であると捉えられている。 現在,大韓民国(韓国)ならびに朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)で行われているシルムは〈左シルム〉というスタイルであり,サッパと呼ばれるおおよそ3.6mの一本の布帯をねじり,右足の太股部分に巻き付けて,前面で結び,これが帯となる。つまり,右足にサッパを巻くスタイルが〈左シルム〉なのである。…

※「サッパ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サッパの関連キーワードピエトロ ピレル・コットレルラミー ダイアログ1ヒラ(平)シルムさんぱアバ朝恩馳島ツナシ飯借り飯借ポー

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

サッパの関連情報