コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サハーランプル サハーランプル Sahāranpur

5件 の用語解説(サハーランプルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サハーランプル
サハーランプル
Sahāranpur

インド北部,ウッタルプラデーシュ州北西部の都市。デリーの北約 155kmに位置。 1340年頃建設され,地名はイスラム教の聖者シャーハランに由来。周辺ではサトウキビ栽培が盛んで製糖の中心。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

サハーランプル(Saharanpur)

インド北部、ウッタルプラデシュ州の都市。デリーの北約150キロメートルジャムナ川沿いに位置する。鉄道交通の要地で、小麦、米、綿花、果物などの集散地。英国東インド会社薬用植物を育てるために設立した植物園がある。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サハーランプル

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州北西部の都市。鉄道の要地。車両,家具製造工業行われる。ムガル朝時代の避暑地。70万5000人(2011)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

サハーランプル【Sahāranpur】

インド北部,ウッタル・プラデーシュ州北西端にある同名県の県都。人口37万5000(1991)。首都デリーの北北東約150km,ヤムナー(ジャムナー)川の東岸に位置する。町は1340年ころに興り,近代には鉄道の要衝にあるため商工業が発達した。周辺は灌漑施設がよく整備され,小麦,サトウキビ,綿花,米などの豊かな生産に恵まれ,それらの集散地となっている。古くから鉄道整備工場が置かれ,加えて製糖業,製粉・精米業,木彫工業の集積が進み,近年の人口増加が著しい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サハーランプル
さはーらんぷる
Sahranpur

インド北部、ウッタル・プラデシュ州北部の都市。首都デリーの北およそ150キロメートルに位置する。人口47万2925(2001)。周辺はガンジス川の本・支流の上流域にあたり、小麦、米、サトウキビ、綿花などの産地となっており、恵まれた鉄道交通を利用してこれらの農産物の集散、加工を行う。鉄道、製紙、木彫品関係の大規模工場もある。[中山晴美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サハーランプルの関連キーワードカナウジウッタルプラデシュウッタラカンドラクノウナンダ・コット[山]ウッタル・プラデーシュ[州]デーラー・ドゥーンバゲールカンドブンデールカンドマディヤ・プラデーシュ[州]

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone