コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サラソウジュ(娑羅双樹) サラソウジュ Shorea robusta; sal

1件 の用語解説(サラソウジュ(娑羅双樹)の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サラソウジュ(娑羅双樹)
サラソウジュ
Shorea robusta; sal

フタバガキ科の常緑大高木で,高さ 30~50m,幹の直径1~2.5mに達する。中央インドヒマラヤ東ベンガルに産する。3月中旬頃,一面に無数の淡黄色の小花を開く。心材は暗色で堅く,耐久性が強いので,建築材,橋,枕木,船材などに用いられ,また街路樹としても植えられる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サラソウジュ(娑羅双樹)の関連キーワードフタバガキ科アピトン糸杉栂椹二葉柿竜脳樹ショレアフタバガキ(双葉柿)シャラノキ(フタバガキ科)

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone