サルゴン(1世)(読み)さるごん(英語表記)Sharru-kin Ⅰ

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サルゴン(1世)
さるごん
Sharru-kin

生没年不詳。古代メソポタミア最初のセム系アッカド人の統一王国とその王朝の創始者(在位前2350ころ~前2295ころ)。アッカド語ではシャッルキン。「アッカドのサルゴン」とよばれる。この名は「王は正統である」を意味するが、その父の名も年少時の名もわからず、多くの伝承がその出生、経歴、外征をめぐってつくられた。母は高貴な尼僧で、彼の誕生後、キノコ籠(かご)の中に入れてユーフラテス川に捨てられ、水汲(く)み人に拾われて果樹栽培者となった話や、その公的経歴がキシュ王ウル・ザババの酒杯官に始まるとする伝承がよく知られている。一方、現存の少数の王碑文およびその多数の古バビロニア時代の写しによって知られる治績の概略は、キシュの北方に新都市アカデ(その遺跡は未確定)を造営して王となり、シュメール諸都市の軍隊を34回にわたって破り、その盟主であるウルクのルガルザゲシ王を捕虜とし、シュメールとアッカド全土を支配下に置くことに成功、シュメール諸都市の総督にはそれぞれアッカド人を任命し、また娘をウルとウルクの最高女司祭の地位につけ、王朝原理に基づく統一王国をつくろうとした。王はまた遠征によって、西方ではユーフラテス川中流のマリ、北シリアのエブラ、レバノンの「杉の森」、小アジアのタウルス(トロス)山脈の銀を手中に収め、東方ではエラムを従え、「肥沃(ひよく)な三日月地帯」周縁の交通、貿易の要衝を確保したので、アッカドは、東はインダス川、南はバーレーン島、オマーンに及ぶ広範な東西貿易の一大中心となり、富強を極めた。こうして王はシュメール・アッカドの統一を基盤とする、メソポタミア最初の軍事的、商業的帝国を創始した。それが古代メソポタミアの人々に与えた衝撃の大きさは、後代に至るまでたびたびつくられたサルゴン伝説によく示されている。[山本 茂]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

大阪桐蔭高等学校

大阪府大東市にある男女共学の私立高校。1983年、大阪産業大学高等学校(現・大阪産業大学附属高等学校)の分校として設置され、1988年に現名称で独立した。神奈川県横浜市にある桐蔭学園高等学校とは無関係...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android