コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンカノゴイ サンカノゴイ Botaurus stellaris; Eurasian bittern

3件 の用語解説(サンカノゴイの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンカノゴイ
サンカノゴイ
Botaurus stellaris; Eurasian bittern

ペリカン目サギ科。全長 70cm。全身淡い黄褐色の地に大小の黒斑が散在し,頭上が黒い。頸と脚が比較的短く,体形はヨシゴイに似る。擬態の上手なことでよく知られ,敵が近づくと,体を伸ばしてをまっすぐ上に向けて静止し,体色を周囲の植物にとけこませてしまう。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

サンカノゴイ

サギ科の鳥。翼長33cm。黄褐色の背面には黒い斑点が散在。ユーラシアからアフリカにかけて分布し,北海道では夏鳥または留鳥だが,本州以南では冬鳥である。アシ原や湖沼などにすみ,敵が近づくと頸(くび)を長くのばし,くちばしを上へ向けてじっと静止するので発見しにくい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

サンカノゴイ
さんかのごい / 山家五位
bittern
[学]Botaurus stellaris

鳥綱コウノトリ目サギ科の鳥。全長約75センチメートルゴイサギより大きく、羽色は黄褐色で、全身に黒い縞(しま)や不規則な模様がある。ユーラシアおよびアフリカに広く分布する。日本には冬鳥として渡来するが、数は少ない。なお、北海道では夏期にも生息するといわれるが、繁殖の確証はまだない。沼沢や広い葦原(あしはら)にすみ、主として夜間活動し、魚、カエル、大形昆虫類などをとって食べる。昼間人間が近づくと、じっと直立姿勢をとり、このため体が周囲のアシに紛れて、発見を免れる。こうした行動は一般に擬態とよばれるが、サンカノゴイは鳥類の擬態の好例とされている。サンカノゴイ属Botaurusには4種があり、他の3種は北アメリカ、南アメリカ、オーストラリアに分布する。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

サンカノゴイの関連キーワードウズラシイラマガモ青鷺葦五位臭木椿象黒鷺小鷺山家の五位ゴイサギ(五位鷺)

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

サンカノゴイの関連情報