コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サンジェルマン条約 サンジェルマンじょうやくPeace Treaty of Saint-Germain

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

サンジェルマン条約
サンジェルマンじょうやく
Peace Treaty of Saint-Germain

1919年9月 10日,第1次世界大戦の戦後処理の一環として,連合国オーストリアがパリ西方のサンジェルマンアンレで結んだ講和条約。この条約により,オーストリア帝国内の異民族国家チェコスロバキアセルビア人・クロアチア人・スロベニア人王国,ポーランド,ハンガリーの独立が承認され,またオーストリアはイタリア,ルーマニアに領土を割譲した結果,面積で戦前の4分の1,人口で3分の1になった。このほか徴兵制度の禁止,陸軍を3万人にする軍備制限,ドイツとの合併 (Anschluss) の禁止,賠償支払いなども規定された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

大辞林 第三版の解説

サンジェルマンじょうやく【サンジェルマン条約】

第一次大戦後の1919年九月、サンジェルマンで調印された連合国とオーストリアとの講和条約。旧オーストリア-ハンガリー帝国内の諸民族の独立などを決定。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

サンジェルマン条約の関連キーワードドイツ=オーストリア関税同盟オーストリア=ハンガリー帝国オスカー・チン事件ローザンヌ議定書

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android