コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

サン・ピエトロ大聖堂 サンピエトロだいせいどうBasilica di San Pietro in Vaticano

世界大百科事典 第2版の解説

サンピエトロだいせいどう【サン・ピエトロ大聖堂 Basilica di San Pietro in Vaticano】

バチカン市国にある,ローマ・カトリック教会の主聖堂。ローマ・カトリック教会の宗教活動の中核で,キリスト教教会堂の中では世界最大の規模をもつ。歴代教皇の墓所を蔵し,教皇庁舎,ベルベデーレ庭などとともにバチカン市国を形成する。 324年ローマ皇帝コンスタンティヌス1世によって創建され,ルネサンス,バロック時代に現大聖堂が新築された。創建時の旧聖堂は使徒ペテロの墓の上に位置する5廊のバシリカ式教会堂であったが,老朽化したため,15世紀の教皇ニコラウス5世(在位1447‐55)が全面的改修に着手した。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のサン・ピエトロ大聖堂の言及

【ドーム】より

…ブルネレスキによるフィレンツェのサンタ・マリア・デル・フィオーレ大聖堂のドーム(15世紀,最大内径45m)は八角形のドラム(鼓胴部)に支えられる二重殻構造をとり,大小24本のリブの支持力とそれらを連結する水平アーチのアーチ作用を利用して仮枠を用いることなく建設された。ローマのサン・ピエトロ大聖堂のドーム(16世紀,設計ミケランジェロ,建設ジャコモ・デラ・ポルタ)もリブ式二重殻構造をとる。これら組積造大ドームでは,下端の推力に対抗して木鎖ないし鉄鎖が埋めこまれたが,この構法を最も合理的に応用した例はレンによるセント・ポール大聖堂のドーム(ロンドン,17世紀)である。…

【バチカン宮殿】より

…ローマ・カトリック教会の総本山サン・ピエトロ大聖堂に隣接するローマ教皇庁の中心建築。大小20の中庭を介して連なる複雑な建築群から構成され,教皇館Palazzo Pontificio,システィナ礼拝堂,美術館(バチカン美術館),図書館(バチカン図書館)等の重要施設を含む。…

【ブラマンテ】より

…これはおそらくスフォルツァ家の廟所としての意味をもつもので,99年のフランス軍侵入によって未完成のままブラマンテはローマに去る。レオナルド・ダ・ビンチがちょうど同時期にスフォルツァ家に伺候していたのも興味深い事実で,ブラマンテがのちにサン・ピエトロ大聖堂の計画案に示したようなロンバルディア風の集中式の会堂構成は2人の共通の関心事だったらしい。 ローマに赴いた彼は,またたくまにその様式を完成させていく。…

【マデルノ】より

…ビニョーラ,ポルタの影響を受けつつ,付柱,半円柱,双柱をより効果的に用いたこのファサードはローマ・バロック建築最初の作品とされる。1603年ポルタの後任としてサン・ピエトロ大聖堂建築主任となり,身廊を3柱間延長してラテン十字プランとし,現ファサード(幅114.7m,高さ45.4m)を補い,15世紀半ばから続いたルネサンス最大の建設事業を完成に導いた。同聖堂に次ぐローマ第2のドームをもつサンタンドレア・デラ・バレ教会,パラッツォ・バルベリーニ(ローマ),アルドブランディーニ家の別荘(ローマ郊外フラスカーティ)など数多くの建築作品をローマ内外に残したほか,マクセンティウス帝のバシリカから巨石円柱を移設し,パンテオンに双塔を付加する(19世紀末に撤去)など多彩な活躍をした。…

※「サン・ピエトロ大聖堂」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

サン・ピエトロ大聖堂の関連キーワードロッセリーノ(Bernardo Rossellino)フォンタナ(Domenico Fontana)マデルナ(Carlo Maderna)コンスタンティヌス[1世]ローマ・カトリック教会ジョバンニ・ダルマタルートヴィヒ カースサン・ピエトロ広場ニコラウス(5世)エル・エスコリアルニコラウス[5世]フレスコバルディルネサンス様式バチカン公会議ミケランジェロレオ[10世]パレストリーナバチカン宮殿バルダキーノアルカデルト

今日のキーワード

あおり運転

危険運転の一種で、前方を走行する車両に対する嫌がらせ行為。車間距離を極端に詰めて道を譲るように強要する、猛スピードで追い回す、ハイビームやパッシング、並走しての幅寄せなどで威嚇する、といった行為が該当...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android