コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアルク

2件 の用語解説(シアルクの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

シアルク

イラン高原中央部,テヘランの南にある新石器時代から金属器使用時代に至る遺跡。テペ・シアルクTepe Sialkとも。南北2丘からなる。層位的に4期に分けられ,第1・2期は北丘,第3・4期は南丘にみられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シアルク【Tepe Sialk】

イラン高原の西端,カーシャーンの南西4km,標高約1000mの高所にある遺跡。テペ・シアルクともいう,東西交渉の要所にある。600m離れた南北2基の丘を主体とし,南丘の南にA墓地,西にB墓地を伴っている。1933‐34,37‐38年にフランスのR.ギルシュマンが発掘して,イラン高原における先史時代の研究に初めて重要な層位学的根拠を与えた。6期に大別され,I・II期の北丘は大きさ320m×110m,文化層の厚さは約13mで,I期は5層,II期は3層からなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シアルクの関連キーワードイラン高原シャーペルシア帝国イランイラン西端南アジアマイスターシャーレモントランブランレザーシャーローレンシャン高原

今日のキーワード

太陽系外惑星

太陽以外の恒星を回る惑星。その存在を確認する方法として、(1)惑星の重力が引き起こす恒星のわずかなふらつき運動を、ドップラー効果を用いて精密なスペクトル観測により検出する、(2)惑星が恒星の前面を通過...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シアルクの関連情報