コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シアルク

百科事典マイペディアの解説

シアルク

イラン高原中央部,テヘランの南にある新石器時代から金属器使用時代に至る遺跡。テペ・シアルクTepe Sialkとも。南北2丘からなる。層位的に4期に分けられ,第1・2期は北丘,第3・4期は南丘にみられる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シアルク【Tepe Sialk】

イラン高原の西端カーシャーンの南西4km,標高約1000mの高所にある遺跡。テペ・シアルクともいう,東西交渉の要所にある。600m離れた南北2基の丘を主体とし,南丘の南にA墓地,西にB墓地を伴っている。1933‐34,37‐38年にフランスのR.ギルシュマンが発掘して,イラン高原における先史時代の研究に初めて重要な層位学的根拠を与えた。6期に大別され,I・II期の北丘は大きさ320m×110m,文化層の厚さは約13mで,I期は5層,II期は3層からなる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

シアルクの関連キーワードタペ・サンギチャハマック遺跡ロマン ギルシュマンタル・イ・バクン遺跡テペ・シアルク遺跡エジプト(地域)テペ・ヒッサールインダス文明ペルシア美術シアルク遺跡金石併用時代青銅器時代ギヤン遺跡スーサエラム彩陶織る

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android