コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シオマネキ シオマネキ Uca arcuata

3件 の用語解説(シオマネキの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シオマネキ
シオマネキ
Uca arcuata

軟甲綱十脚目スナガニ科のカニ。甲幅約 4cm。甲は前後に強く湾曲し,後方に強くせばまっている。雄の左右いずれかの鋏脚が著しく大きく,これを体の前で上下させる一定の運動をする。ウェービングと呼ばれるこの動作は雌に対する求愛行動と考えられている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シオマネキ

甲殻類スナガニ科のカニ。甲長1.7cm,甲幅3cmくらい。甲は前方が広く,側縁の前端はとがる。眼柄はきわめて長く,それを収めるような形で眼窩(がんか)が発達する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シオマネキ
しおまねき / 潮招
[学]Uca arcuata

節足動物門甲殻綱十脚(じっきゃく)目スナガニ科に属するカニ。有明(ありあけ)海や九州南部に分布するほか、朝鮮半島、中国北部からも記録がある。甲幅3センチメートルほどで、甲の後方が強く狭まっているため、左右の眼窩(がんか)外歯の間が甲の最大幅となる。雄の片方のはさみ脚(あし)が大きく、これを一定の形に振り上げては下ろす運動をする。この動作が潮が満ちてくるのを招いているようなのでシオマネキの名があるが、雌に対する求愛行動であると考えられる。雄のもう一方と雌の両方のはさみは小さく、先端がスプーン状。巣穴の周辺を縄張り(テリトリー)とし、定住性が高い。
 シオマネキ類は世界で約60種30亜種が知られ、フィドラークラブfiddler crab(バイオリンを弾くカニの意)とよばれる。日本産は7種2亜種で、伊勢(いせ)湾以南にハクセンシオマネキU. lacteaが分布し、沖縄諸島にはオキナワハクセンシオマネキU. l. perplexaのほか、ヒメシオマネキU. vocansやベニシオマネキU. chlorophthalma crassipesが多い。[武田正倫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シオマネキの関連キーワード岩蟹筬蟹隠れ蟹米搗蟹砂蟹猿猴蟹扇蟹拳蟹精進蟹柔蟹

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シオマネキの関連情報