シスチン(読み)しすちん(英語表記)cystine

翻訳|cystine

デジタル大辞泉 「シスチン」の意味・読み・例文・類語

シスチン(cystine)

たんぱく質を構成するアミノ酸の一。毛・つめ・角などのケラチン多く含まれる。水に溶けにくく、還元されるとシステインになる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典 「シスチン」の意味・読み・例文・類語

シスチン

  1. 〘 名詞 〙 ( [英語] cystine ) 硫黄を含むアミノ酸の一つ。多くのたんぱく質の成分で、特に毛・爪・角などに多く含まれる。還元されるとシステインに戻る。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ) 「シスチン」の意味・わかりやすい解説

シスチン
しすちん
cystine

システインの2分子が酸化されて結合した含硫アミノ酸の一種立体構造上、互いに対称的なD形とL形があるが、タンパク質中にみいだされるものは、すべてL形である。正六角板状晶で、光学活性をもつ。水に溶けにくく、弱酸や弱アルカリには溶ける。タンパク質構成アミノ酸の一種で、とくに毛髪、爪(つめ)、角(つの)などのケラチンには多量含まれており、酸加水分解液から直接沈殿として分離できる。シスチン尿症(遺伝病)患者の尿中にはシスチンの結晶が含まれる。種々の還元試薬により容易に還元されてシステインとなる性質は、生体内酸化還元の過程で重要な役割を果たしている。高等植物や酵母には、還元型のニコチン酸アミドアデニンジヌクレオチド(NADH)によるシスチンのシステインへの還元系が存在する。ジスルフィド結合(S‐S結合)によってタンパク質のポリペプチド鎖を折り畳んだり連結させて高次構造を保持し、酵素あるいはホルモンの活性にもシスチンが関与していることが多い。

[景山 眞・入江伸吉]

栄養

シスチンは必須(ひっす)アミノ酸であるメチオニンの作用をシステインを経て一部代替できるので、栄養上はメチオニン+シスチン量が問題とされる。すなわち、シスチンは広く食品タンパク質に含まれているが、食品やアミノ酸製剤などの栄養効果をアミノ酸組成から検討する場合には、含硫アミノ酸としてメチオニンと同等に扱われている。

[宮崎基嘉]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版 「シスチン」の解説

シスチン
シスチン
cystine

dicysteine.C6H12N2O4S2(240.30).含硫α-アミノ酸の一つ.タンパク質構成アミノ酸として,また遊離の形で生物界に広く分布している.ペプチド鎖を架橋して特有の立体構造を保つうえで役立ち,還元されてL-システインとなり生理的に重要な役割を果たしている.毛髪の加水分解液から等電点で析出させて分離する.天然R(L)形は六方晶系,小板状結晶.融点260~261 ℃(分解).-223.4°(1.0 mol L-1 塩酸).pKa1 1.65,pKa2 2.20,pKa3 7.85,pKa4 9.85.栄養的には必須アミノ酸ではないが,医薬品,化粧品として用いられる.[CAS 56-89-3]

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典 「シスチン」の解説

シスチン【cystine】

アミノ酸の一種で、非必須アミノ酸システインの酸化生成物。牛肉、鶏肉、羊肉、牛乳、小麦粉、さけなどに多く含まれる。イオウと化合した含硫(がんりゅう)アミノ酸で、たんぱく質として特に皮膚の角質層・毛髪・爪に多量に存在する。傷の治癒の促進やブドウ糖の代謝に関与するほか、抗酸化作用、イオウを分離して毒素と結合させ解毒する作用、生活習慣病・がんの予防などに効果が期待できる。

出典 講談社漢方薬・生薬・栄養成分がわかる事典について 情報

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典 「シスチン」の意味・わかりやすい解説

シスチン
cystine

硫黄を含むアミノ酸の一種。化学式 (-SCH2CH(NH2)COOH)2 。古くからシスチン尿といわれる代謝機能障害患者の尿結石の主成分として知られているアミノ酸。毛髪や角などに存在する蛋白質のケラチンに特に多量 (10~13%) に含まれているが,一般の蛋白質にも少量は含まれて,いわゆ-S-S-結合の主体をなしている。正六角板状晶。毛髪の酸加水分解によって容易に得られる。水に難溶である。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

栄養・生化学辞典 「シスチン」の解説

シスチン

 C6H12N2O4S2 (mw240.30).

 略号 Cys-Cys.毛髪,爪,コムギアグルチニンなどに多い.可欠アミノ酸の一つ.溶解度は低く,ときに結石の原因物質となる.

出典 朝倉書店栄養・生化学辞典について 情報

改訂新版 世界大百科事典 「シスチン」の意味・わかりやすい解説

シスチン
cystine

出典 株式会社平凡社「改訂新版 世界大百科事典」改訂新版 世界大百科事典について 情報

世界大百科事典(旧版)内のシスチンの言及

【ウォラストン】より

…また,可鍛性のある白金を得る精製法を確立し,光学機器の十字線などに用いられるごく細い白金線(ウォラストン線)を作った。精度の高い反射式ゴニオメーター(測角器)を作り結晶学に貢献,さらに,方解石の直角プリズムを2個はり合わせた偏光プリズム(ウォラストンプリズム)や,2枚のレンズをはり合わせて収差を除いたウォラストンレンズなど数多くの光学機器の改良や発明があり,このほかにも太陽スペクトルの黒線を観測したり,アミノ酸の一種であるシスチンを発見するなど,彼の業績は広範囲にわたっている。【川合 葉子】。…

※「シスチン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社「世界大百科事典(旧版)」

今日のキーワード

発見学習

発見という行為の習得を目指す学習。または,発見という行為を通じて学習内容を習得することを目指す学習。発見学習への着想は多くの教育理論に認められるが,一般には,ジェローム・S.ブルーナーが『教育の過程』...

発見学習の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android