コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーウッド Sherwood, Robert Emmet

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーウッド
Sherwood, Robert Emmet

[生]1896.4.4. ニューヨーク,ニューロシェル
[没]1955.11.14. ニューヨーク
アメリカの劇作家。ハーバード大学在学中に第1次世界大戦に従軍。その後,新聞,雑誌に関係したのち,戦争風刺をこめた処女作『ローマへの道』 The Road to Rome (1927) で注目されるようになり,『化石の森』 The Petrified Forest (35) ,『愚者の喜び』 Idiot's Delight (36) ,『イリノイのエイブ・リンカーン』 Abe Lincoln in Illinois (38) ,『もはや夜は来たらず』 There Shall Be No Night (40) などの秀作を次々に発表,最後の3作はいずれもピュリッツァー賞を受賞。第2次世界大戦中は創作を中断して陸軍情報局に勤務し,また F.D.ルーズベルトの演説を書いた。この期の体験はのちに『ルーズベルトとホプキンズ』 Roosevelt and Hopkins (48) に結実して,伝記部門でピュリッツァー賞を得た。ほかに映画シナリオでアカデミー賞を受けた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

シャーウッド

米国の劇作家。ハンニバルを題材とした《ローマへの道》(1927年)以後,《白痴の喜び》(1936年),《イリノイのエーブ・リンカン》(1938年)などを書く。映画との関係も深く,《我等の生涯の最良の年》(1946年,W.ワイラー監督)のシナリオも知られる。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャーウッド【Robert Emmet Sherwood】

1896‐1955
アメリカの劇作家。風刺的な喜劇から出発してしだいに深刻な内容の劇に転じた。体制に順応しない人物の運命を描いた《化石の森》(1935年初演,1936年A.メーヨー監督で映画化),西洋文明の破滅をとらえた《白痴の喜び》(1936年初演,1939年C.ブラウン監督で映画化),青年時代のA.リンカンを主人公にした《イリノイのエーブ・リンカン》(1938年初演,1939年J.フォード監督で映画化《若き日のリンカーン》)などを発表。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シャーウッド【Robert Emmet Sherwood】

1896~1955) アメリカの劇作家。反ファシズム、ヨーロッパ文明の否定を基調とした作品が多い。「白痴の喜び」「イリノイ州のリンカーン」「もはや夜はあらじ」など。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャーウッド
しゃーうっど
Robert Emmet Sherwood
(1896―1955)

アメリカの劇作家。ニューヨーク生まれ。ハーバード大学在学中に第一次世界大戦が起こったため中退。カルタゴの将軍ハンニバルのローマ進撃を扱った喜劇『ローマへの道』(1927)でデビューしたあと、第二次世界大戦勃発(ぼっぱつ)をめぐるさまざまな人間の反応を描いた『愚者の喜び』(1936)などの作品を通じて戦争批判の姿勢を示した。そのほか、激動する社会状況のもとで挫折(ざせつ)する人間をメロドラマ風に描いた『化石の森』(1935)、ロシアのフィンランド侵略と自由主義思想の関係を扱った『夜はもうこない』(1940)、青春時代のリンカーンを描いた『イリノイ州時代のリンカーン』(1938)を発表。ほかに伝記『ルーズベルトとホプキンズ』(1948)、アカデミー脚本賞を受けたW・ワイラー監督の映画『我等(われら)の生涯の最良の年』(1946)のシナリオがある。ピュリッツァー賞を四度受賞している。[有賀文康]
『村上光彦訳『ルーズヴェルトとホプキンズ』全2巻(1957・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシャーウッドの言及

【ゴールドウィン】より

…ロナルド・コールマン,デビッド・ニーブン,ダニー・ケイを育てたスターづくりの名人で,ミュージカル(映画およびレビュー)のための〈ゴールドウィン・ガールズ〉もかかえていた。映画製作における脚本の重要性を強調し,ロバート・シャーウッド,リリアン・ヘルマンといった有能な作家や脚本家の起用を心がけたことも注目される。ウィリアム・ワイラー監督と組んだ時代(1936‐48)が彼のキャリアの絶頂期とされ,《孔雀夫人》(1936),《嵐が丘》(1939),《偽りの花園》(1941),《我等の生涯の最良の年》(1946)等々の名作を生み出している。…

【我等の生涯の最良の年】より

…第2次世界大戦中に空軍将校として,ドイツ爆撃に関する2本の長編記録映画《メンフィス・ベル》《サンダーボルト》を製作・監督したウィリアム・ワイラーの戦後第1作。1944年8月の《タイム》に載った帰還水兵たちの記事を読んで,〈復員〉をテーマにした映画の企画を思いたったサミュエル・ゴールドウィンの依頼をうけ,小説家マッキンリー・キャンターが書いた434ページの無韻詩《グローリー・フォー・ミー》(1945)を,ピュリッツァー賞受賞の劇作家で《若き日のリンカーン》(1940),《レベッカ》(1940)などの脚本家でもあるロバート・E.シャーウッドが脚色した。3人の復員軍人――若い空軍将校,もと銀行員の陸軍軍曹,両手を失った水兵――の三者三様の人生と社会復帰,いわばアメリカの切実な〈戦後〉を描いたこの映画は,月並みなハッピー・エンドに見られる〈解決〉の甘さも指摘されたが,その一方では,ワイラーの〈1シーン,1シークエンス〉に徹した映画的リアリズムが高く評価され,作品賞,監督賞をはじめ九つのアカデミー賞を受賞して興行的にも成功した。…

※「シャーウッド」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シャーウッドの関連キーワードホプキンズ(Harry Lloyd Hopkins)ルイス(Harry Sinclair Lewis)ワイス(Wyeth Corp.)F.J.ハーヴェイ ダートンシャーウッドビジターセンターニューアーク・シャーウッドワインズバーグ・オハイオニューアークオントレントエドワード アプワードボブ グレティンガーノッティンガムシャーボビー シャーウッド日本コヴィディエン積水ハウス(株)ポップ・グループウサイン ボルトフランク イソラマンスフィールドロビン・フッドノッティンガム