コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャークスキン(英語表記)sharkskin

翻訳|sharkskin

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャークスキン
sharkskin

原義どおり,さめ皮のような外観をもつ織物で,羊毛レーヨンなどを使って生産する。羊毛の場合は,色違いの糸で綾織にした梳毛 (そもう) 織物で,背広レインコートに用いられ,レーヨンの場合は,ざっくりした平織または斜文織で,夏用の婦人服に用いられる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シャークスキン(sharkskin)

鮫(さめ)の皮。
鮫の肌のように仕上げた、綾織りの毛織物。背広・コート地用。
の肌を思わせる、ざらざらした感じの人絹織物。夏の婦人服地用。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

シャークスキン

梳毛(そもう)織物の一種でサメの皮のような外観をもつ。組織は斜子(ななこ)織で異なった色の糸を交互に配することが多く,背広地などにされる。またレーヨン糸を用いて織ったものもあり,光沢をもち涼感があるので夏服地などにされる。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャークスキン【sharkskin】

サメの皮の意で,外観がサメの皮に似た梳毛(そもう)織物。一般に細番手の梳毛糸を使い,経に白糸,緯に色糸を用いて織り,製織後表面のけばを刈り取るクリアー仕上げをほどこす。薄手で男女のコート地,スーツ地に用いられる。近年はレーヨンなど合成繊維で織ったものもあり,さらりとした触感から夏の衣料に用いられる。【山崎 宗城】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

シャークスキン【sharkskin】

〔鮫さめの皮の意〕
毛・絹・化繊などで、織り目を鮫の皮のように仕上げた織物。毛織物の場合は色違いの糸で綾あや織りとし、化繊などではざっくりとした魚子ななこ織りとしたもの。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャークスキン
しゃーくすきん
sharkskin

シャークスキンとよぶ織物の種類には、次の二つがある。一つは、色の違う糸を交互に配列して、2(ニ)/2(ニ)の綾(あや)組織とし、サメの皮のような外観を現した梳毛(そもう)織物、ほかの一つは、経緯(たてよこ)の糸にマルチ・ダルのレーヨン糸などを使い、平(ひら)または斜文組織にした比較的厚手のさめ肌に似た外観をもつ人絹織物である。前者は背広服地、スプリング・コート地などに、後者はおもに夏季の婦人服地に用いられる。[角山幸洋]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

RE100

2014年に国際環境NGO「The Climate Group」が開始した国際的な企業連合。業務に使用する電力の100%を再生可能エネルギーに転換することを目的としている。認定を受けるためには、「企業...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android