コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーリー Shirley, James

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーリー
Shirley, James

[生]1596.9. ロンドン
[没]1666.10.29. ロンドン
イギリスの劇作家。ケンブリッジ大学に学び,ハーフォードシャー,セントオールバンズでイギリス国教会(アングリカン・チャーチ)の牧師,グラマー・スクールの校長となったが,のちカトリックに改宗。やがてロンドンに出て,1625年から 1642年までに約 40編の戯曲を書き続けた。現存する悲劇 7編(『反逆者』The Traytor〈1631〉など),風習喜劇 10編(『快楽夫人』The Lady of Pleasure〈1635〉など),ロマンス喜劇 14編(『ぺてん』The Imposture〈1640〉など)のほか,仮面劇(『平和の勝利』The Triumph of Peace〈1634〉など)にも同様の優雅さと流暢さをみせた。独創性はないが,過去の技巧的遺産を巧みに取り入れて「最後のエリザベス朝作家」と呼ばれる。

シャーリー
Shirley, William

[生]1694.12.2. サセックスプレストン
[没]1771.3.24. マサチューセッツ,ロックスベリー
イギリスの軍人。アメリカ植民地時代のマサチューセッツ湾植民地総督。北アメリカにおけるイギリスの対フランス諸戦争に重要な役割を果した。 1731年アメリカに移り,41年総督に就任。 40~48年のジョージ王戦争でイギリス軍を指揮し,45年ルイスバーグを占領。 55年イギリスの植民地軍指揮官となったが,ナイアガラ要塞攻撃に失敗,イギリス本国に召喚された。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シャーリー【James Shirley】

1596‐1666
イギリスの劇詩人。1620~30年代のロンドンの劇場で,座付作者として,悲劇や喜劇を書いたが,時代はすでに演劇の衰退期に入っており,その作品にはシェークスピア時代の活力は求むべくもない。悲劇《裏切者》(1631)は政治の暗黒面を描いて,性格描写に見るべきものがある。風習喜劇《ハイド・パーク》(1632)は,その時代の上流人士の風俗を描いて成功した。【川崎 寿彦】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャーリー
しゃーりー
James Shirley
(1596―1666)

イギリスの劇作家。ケンブリッジ大学卒業後、教職を経て、1625年ごろ劇作生活に入る。多作ながら、つねに一定水準を上回る作品を生んだ職人的流行作家。ロンドン大火による被災がもとで死亡、聖ジャイルズ・イン・ザ・フィールズ教会に眠る。代表作は、才気あふれる風習喜劇『歓楽夫人』(1635)、残忍な復讐(ふくしゅう)悲劇『枢機卿(きょう)』(1641)など。後者はピューリタン革命がひき起こした「劇場閉鎖」の直前に上演され、イギリス・ルネサンス演劇最後の華といわれる。[野崎睦美]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャーリーの関連キーワードエルマー・ガントリー/魅せられた男シャーリー・テンプル ブラック007ダイヤモンドは永遠に「アパートの鍵貸します」ジョイス ヴァン・パタン007ゴールドフィンガーキーファー サザーランドくちづけはタンゴの後でトゥナイト・ザ・ナイトシンディ ウィリアムズアーサー エッジヒル007ムーンレイカーアパートの鍵貸します可愛いマーカちゃんエディ グラッデンゴールドフィンガージョン エイガー愛しのシバよ帰れピューリタン革命マサチューセッツ州

シャーリーの関連情報