コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャーリー シャーリー Shirley, James

4件 の用語解説(シャーリーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャーリー
シャーリー
Shirley, James

[生]1596.9. ロンドン
[没]1666.10.29. ロンドン
イギリスの劇作家。ケンブリッジ大学に学び,ハーフォードシャーセントオールバンズイギリス国教会アングリカン・チャーチ)の牧師,グラマー・スクールの校長となったが,のちカトリックに改宗。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シャーリー
シャーリー
Shirley, William

[生]1694.12.2. サセックスプレストン
[没]1771.3.24. マサチューセッツロックスベリー
イギリスの軍人。アメリカ植民地時代のマサチューセッツ湾植民地総督。北アメリカにおけるイギリスの対フランス諸戦争に重要な役割を果した。 1731年アメリカに移り,41年総督に就任。 40~48年のジョージ王戦争でイギリス軍を指揮し,45年ルイスバーグを占領。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シャーリー【James Shirley】

1596‐1666
イギリスの劇詩人。1620~30年代のロンドンの劇場で,座付作者として,悲劇や喜劇を書いたが,時代はすでに演劇の衰退期に入っており,その作品にはシェークスピア時代の活力は求むべくもない。悲劇《裏切者》(1631)は政治の暗黒面を描いて,性格描写に見るべきものがある。風習喜劇ハイド・パーク》(1632)は,その時代の上流人士の風俗を描いて成功した。【川崎 寿彦

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャーリー
しゃーりー
James Shirley
(1596―1666)

イギリスの劇作家。ケンブリッジ大学卒業後、教職を経て、1625年ごろ劇作生活に入る。多作ながら、つねに一定水準を上回る作品を生んだ職人的流行作家。ロンドン大火による被災がもとで死亡、聖ジャイルズ・イン・ザ・フィールズ教会に眠る。代表作は、才気あふれる風習喜劇『歓楽夫人』(1635)、残忍な復讐(ふくしゅう)悲劇『枢機卿(きょう)』(1641)など。後者はピューリタン革命がひき起こした「劇場閉鎖」の直前に上演され、イギリス・ルネサンス演劇最後の華といわれる。[野崎睦美]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シャーリーの関連キーワードサセックスセックスシンボルセックスレスモノセックスユニセックスアセックスセーフセックスセックス依存症セックス・スフィアサセックス岩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シャーリーの関連情報