コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュタルク シュタルク Stark, Johannes

6件 の用語解説(シュタルクの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュタルク
シュタルク
Stark, Johannes

[生]1874.4.15. シッケンホフ
[没]1957.6.21. トラウンシュタイン
ドイツ物理学者ミュンヘン大学に学び,ゲッティンゲン大学講師 (1900) ,グライフスワルト大学教授 (17) ,ウュルツブルク大学教授 (20) 。のち民間の物理技術研究所所長 (33~39) 。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シュタルク(Johannes Stark)

[1874~1957]ドイツの物理学者。水素スペクトル線についてのシュタルク効果を発見し、量子理論の発展に貢献。1919年、ノーベル物理学賞受賞。著「原子力学の原理」。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シュタルク

ドイツの物理学者。ハノーファーアーヘン,グライフスワルト,ビュルツブルク各大学教授を経て,1933年―1939年国立物理工学研究所長。陽極線ドップラー効果を観測(1905年),シュタルク効果を発見(1913年)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シュタルク【Johannes Stark】

1874‐1957
ドイツの物理学者。ミュンヘン大学に学ぶ。ゲッティンゲン大学,ハノーバー工科大学の講師を経て,アーヘン工科大学(1909),グライフスバルト大学(1917),ビュルツブルク大学(1920)の教授を歴任。カナル線の実験を手がけ,1905年天体スペクトルに観測されていた光のドップラー効果が地上の光源にも現れることを検出,また13年には磁場によるゼーマン効果ヒントを得て,カナル線の発するスペクトルが強電場中において分岐する現象(シュタルク効果)を発見した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シュタルク【Johannes Stark】

1874~1957) ドイツの物理学者。カナル線(陽極線の一種)のドップラー効果を発見、またシュタルク効果を発見し、量子理論の形成に寄与。ナチスの科学行政に協力し国立物理工学研究所長などを歴任、戦後批判を受ける。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュタルク
しゅたるく
Johannes Stark
(1874―1957)

ドイツの実験物理学者。バイエルンの地主の子として生まれる。1906年ハノーバー工科大学講師となったが、前任者と衝突して、1909年アーヘン工科大学へ教授として移る。ゲッティンゲン大学の教授を望むが果たせず、グライフスワルト大学(1917)を経て1920年ウュルツブルク大学教授になるが、ここでも同僚たちと折り合わず2年後に辞職した。故郷で始めた磁器業にも失敗し、職を求めていたとき援助してくれたのが、ユダヤ人の物理学を攻撃していたレーナルトであった。ナチスの権力奪取後、1933年国立物理工学協会会長に、翌1934年さらにドイツ研究財団団長に就任、後者は2年後に辞めさせられ、前者を1939年に引退した。前半生においては新しい物理学の最前線で役割を果たしながら、後半生では、量子力学一般相対論に反対し、ハイゼンベルクたちを、アインシュタインの心をもつ「科学における白いユダヤ人」と攻撃さえした。
 1905年、放電管中で生じた陽イオンの粒子線(陽極線)から放射される光のスペクトルを、粒子線の方向とその反対方向に分光器を置いて観測し、静止した粒子から出されるそれに特有のスペクトルと比べ、光のドップラー効果を発見、また電場中に原子や分子を置くとスペクトル線が分岐することを、水素の陽極線を光源として確かめた(1913)。この二つの発見により1919年ノーベル物理学賞を受賞した。[藤井寛治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のシュタルクの言及

【シュタルク効果】より

…μが回転運動などによって平均化されている場合,あるいはμをもたない物質の場合にも,Eにより物質にまず分極P=αE(αは分極率)が誘起され,これがEと相互作用をして-1/2αE2に比例したエネルギー変化が起こる。前者を一次,後者を二次のシュタルク効果という。 この効果は,1913年J.シュタルクが電場中に水素光源をおいたとき,水素原子のスペクトル線が分岐する現象として見いだしたのが最初である。…

※「シュタルク」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シュタルクの関連キーワードゲーベルコッセルデバイメスバウアーラウエカラテオドリジーボルトニューミュンヘンミュンヘンマラソンミュンヘンビール

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュタルクの関連情報