コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュモクドリ シュモクドリ Scopus umbretta; hamerkop

3件 の用語解説(シュモクドリの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュモクドリ
シュモクドリ
Scopus umbretta; hamerkop

ペリカン目シュモクドリ科。1科 1属 1種。全長 50cm。全身茶褐色。長いと後頭から後方に突き出た長い冠羽(→羽冠)のために,頸から頭部が T字型の鐘たたき棒の撞木(しゅもく)のように見えるのでその名がある。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

シュモクドリ【hammerhead】

コウノトリ目シュモクドリ科の鳥。この科はシュモクドリ1種だけからなる。全長約52cm。全身チョコレート褐色の風変りな渉禽(しようきん)で,後頭に長い房状の冠羽のあるのが特徴。くちばしは長く,左右に扁平で,先端が少しかぎ状に曲がる。英名は,くちばしと冠羽がくびに対してほぼ直角に位置し,くびを柄としたハンマーの頭のように見えることに由来する。和名もこれを撞木に見たてたもの。サハラ以南のアフリカアラビア南西部,マダガスカルに留鳥として生息する。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュモクドリ
しゅもくどり / 撞木鳥
hammerheadhammerkop
[学]Scopus umbretta

鳥綱コウノトリ目シュモクドリ科の鳥。全長約52センチメートル。全身がチョコレート褐色で、後頭に長い房状の冠羽がある。英名のhammerheadは、嘴(くちばし)と冠羽が、頸(くび)を柄(え)としたハンマーの頭のようにみえることに由来する。サハラ砂漠以南のアフリカ、アラビア半島南西部、マダガスカル島に分布する。川岸、湖畔、湿地、マングローブ沼、潟湖などに単独かつがいですみ、小魚、カエル、水生の昆虫類や小動物を食べている。習性は半夜行性で、昼間も活動するが、早朝や夕方に餌(えさ)をあさることが多い。木の叉(また)の上に、小枝と泥を主材として、直径1.2メートルに及ぶ大きな球形の巣をつくる。この巣は、小さな出入口が横にある。巣の内部は数室に分かれているが、鳥は各室を使い分けているという話は事実ではないようである。卵は白色で、1腹の卵数は3~6個、抱卵期間は約30日、育雛(いくすう)期間は約50日。雛(ひな)はもっぱらオタマジャクシで育てられるという。アフリカの原住民の間では、この鳥をいじめると不幸に取りつかれるという迷信が広く信じられている。シュモクドリ科はシュモクドリ1種だけからなり、その類縁関係はよくわかっていない。[森岡弘之]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュモクドリの関連キーワード渉禽類小椋鳥撞木貝撞木鮫こうのとり鐘木コウノトリ(鸛)ハゲコウ(禿鸛)ホオダレムクドリ(頰垂椋鳥)

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone