シュンラン(読み)しゅんらん

日本大百科全書(ニッポニカ)「シュンラン」の解説

シュンラン
しゅんらん / 春蘭
[学] Cymbidium goeringii (Reichb.f.) Reichb.f.

ラン科(APG分類:ラン科)の多年生地上ランで、東洋ランの1種。ホクロともいう。根茎は短い。葉は多く根出し、線形で長さ20~35センチメートル、幅0.5~1センチメートル、革質で縁(へり)には粗い小さな鋸歯(きょし)がある。早春、10~20センチメートルの花茎を出し、緑色を帯びた径3~5センチメートルの花を1個開く。萼片(がくへん)は3枚で倒披針(とうひしん)形。花弁は2枚。唇弁は萼片より短く、白色に赤紫色の斑点(はんてん)があり、上半は外曲し、内側の中央脈は溝となる。山林に生え、日本全土、および朝鮮半島、中国に分布する。多くの園芸品種があり、白色花系の源氏香(げんじこう)、赤色花系の平氏香(へいしこう)に大別されるほか、形変わり花や葉に入る斑(ふ)によって覆輪斑、縞(しま)斑、虎(とら)斑などがある。鉢植えにはミズゴケを単用する。植え替えは、春と秋の彼岸ころが適期である。

[猪股正夫 2019年5月21日]

文化史

春の花として、ホクロ、ジジババなどの呼び名で親しまれた山草であるが、江戸時代の初期には栽培下にあり、『花壇綱目』(1664年成立)には、栽培法とともに赤花が載る。現代の赤花系は、1939年(昭和14)新潟県中蒲原(なかかんばら)郡村松町(現、五泉(ごせん)市)で発見された「多摩(たま)の夕映え」をはじめ、数々の銘品が愛培されている。花を塩漬けや梅酢漬けにしたものは、熱湯を注いだ茶(らんちゃ)や吸い物の浮かしに使われる。生の花をそのまま酢の物に、また、さっと湯がいて和(あ)え物にもする。かつては太い根を火であぶってたたき、あかぎれの薬に使った。

[湯浅浩史 2019年5月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

百科事典マイペディア「シュンラン」の解説

シュンラン

ホクロとも。北海道南部〜九州,中国の山地雑木林などにはえるラン科の常緑多年草。葉は線形で堅い。早春,膜状の鱗片のある肉質の花茎を出し,1花を頂生する。花は径3〜4cmで淡緑色,唇弁(しんべん)は白く濃紫色の斑点がある。東洋ラン一種として栽培され,多数の園芸品種がある。花は刺身つまなどとし,また塩漬にして湯を入れて飲料にする。シュンラン属の中で東洋ラン以外のものをシンビジウムとよぶ。
→関連項目ラン(蘭)

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android