コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーグバーン シーグバーンSiegbahn, Karl Manne Georg

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーグバーン
Siegbahn, Karl Manne Georg

[生]1886.12.3. エレプロ
[没]1978.9.26. ストックホルム
スウェーデンの物理学者。ルント大学に学び,同大学教授 (1920) ,ウプサラ大学教授 (23) ,ストックホルム大学教授 (37) ,スウェーデン王立科学アカデミーが 1937年に創立したノーベル物理学研究所初代所長。国際度量衡委員会委員 (39~64) 。電磁気学の研究からX線分光学に転じ,16年特性X線を調べてM系列を発見した。 21年には真空分光器その他の装置を発明し,X線の波長の精密測定を行なった。 24年にプリズムを用いてX線を屈折させることに成功。 24年ノーベル物理学賞受賞。

シーグバーン
Siegbahn, Kai Manne Börji

[生]1918.4.20. ルンド
[没]2007.7.20. エンゲルホルム
スウェーデンの物理学者。X線分光学の開拓者として 1924年にノーベル物理学賞を受賞したカール・M.G.シーグバーンの息子。 1944年ストックホルム大学で博士号を取得したのち,1951年ストックホルム王立工科大学教授に就任,1954年からウプサラ大学物理学部門主任教授。 1950年代から原子核実験における粒子線エネルギー分析器の改良研究を進め,1960年代には光電子のエネルギー分布を高精度で調べる方法を確立し,各元素に特有な原子の電子エネルギー準位の決定を可能にした。この電子分光法は 1970年代には化学分析の手段として世界中で使われるようになり,大気汚染物質や固体触媒の表面状態の分析などにも活用されるようになった。 1981年ニコラス・ブルームバーゲンアーサー・L.ショーローとともにノーベル物理学賞を受賞。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

シーグバーン

スウェーデンの物理学者。1923年ウプサラ大学教授,37年スウェーデン王立科学アカデミーのノーベル物理学研究所長。X線分光学(X線分光分析)を研究してモーズリーバークラの仕事をさらに進め,特性X線の構造を解明,真空分光器を考案,結晶の格子定数を測定,プリズムによるX線の屈折に成功。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

シーグバーンの関連キーワードナンバースクール岩石区ビリエ・ド・リラダンラフォルグ帝国大学アルフォンソ13世伊地知正治スティーブンソン帝国大学アイケルバーガー

今日のキーワード

金城湯池

1 《「漢書」蒯通伝から。「湯池」は熱湯をたたえた堀》守りが非常に固く、攻めるのが難しい城。金湯。2 堅固で、他から侵害されにくい勢力範囲。「保守派の金城湯池」...

続きを読む

コトバンク for iPhone