コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーロスタット シーロスタット coelostat

6件 の用語解説(シーロスタットの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シーロスタット
シーロスタット
coelostat

日周運動のため動いている天体の光を鏡に受けて一定方向へ送る装置。2枚の平面鏡を用い,第1の鏡は赤道儀の極軸に平行に取付けて日周運動の半分の速度で回転させ,それを適当な位置に置いた第2の鏡で受けて垂直下方に向ける。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

シーロスタット(coelostat)

望遠鏡などの光学系において、日周運動をする天体からの光を2枚の平面鏡を使い、ある一定方向に導く装置。太陽の分光観測などに用いられる。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

シーロスタット

主鏡と副鏡の2枚の平面鏡を使い,日周運動をする天体を追ってその光を一定方向へ導く装置。おもに太陽の長時間観測に使う。太陽の光を直接受ける主鏡は,天の南北極を通る軸のまわりを48時間に1回の速さで回転する。
→関連項目ヘリオスタットリップマン

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

シーロスタット【coelostat】

日周運動で天球上を移動する天体の光を,2枚の平面鏡を使って地上に固定した観測装置に導く装置(図)。天体の像は日周運動で移動しても回転をしない利点がある。大型の分光装置を必要とする太陽観測におもに用いられる。第1平面鏡の面上におかれた極軸は,日周運動の半分の速さで回転し,天体からの光をつねに第2平面鏡に送る。二つの平面鏡は互いに影にならないよう移動可能になっていて,通常第2平面鏡によって光を送り込む方向は,水平または垂直方向である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

シーロスタット【coelostat】

日周運動する天体を固定した望遠鏡で観測するために、二面の平面鏡を用いて、天体からの光を一定の方向に導く装置。主に太陽の観測に用いられる。 → シデロスタット

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーロスタット
しーろすたっと
coelostat

日周運動をする太陽や天体からの光をつねに一定の方向に送り、地上に固定した分光器などの観測装置に導く装置。2面の平面鏡からなり、第1面は地球の自転軸に平行な極軸を含む面内にあり、極軸を日周運動の半分の速さで東から西へ駆動させると、天体からの光は一定の方向に反射される。第2面はこの光を目的の方向に反射させるためのもの。シデロスタットと異なり、極軸駆動によって太陽像は回転しないのが特長である。[山下泰正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーロスタットの関連キーワードシデロスタット日周運動日周視差北極視位置天球座標日周圏ターナーの推定法基本星表日周潮

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone