ジェームズ(Henry James)(読み)じぇーむず(英語表記)Henry James

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジェームズ(Henry James)
じぇーむず
Henry James
(1843―1916)

アメリカの小説家、批評家。4月15日、ニューヨーク生まれ。ジェームズ家は、祖父が18世紀末にアイルランドから移住、ニューヨーク州で商売を営み、州屈指の資産を築いた。父ヘンリーは閑雅な生活のなかで文人エマソンらと交わり、独自の宗教哲学を構築している。息子のヘンリーは4男1女の第2子で、後の心理学者・哲学者ウィリアムの弟である。

 ヘンリー・ジェームズの文学を方向づけるものとして三つの要素が指摘できる。一には父の独自な教育観、二には優秀な兄との関係、そして三には従妹(いとこ)ミニー・テンプルの死である。息子たちに独自の感性教育を心がけた父の意向により、生後数か月でヨーロッパ旅行に連れ出される。馬車の窓から眺めたパリの街の風景をもっとも古い記憶として、のちに述懐している。最上の教育を求めてアメリカからヨーロッパの各地を転々とするが、感性教育は13歳のとき、たまたま立ち寄ったルーブル美術館で完成する。彼はアポロン廊を埋める絵画のもつ完璧(かんぺき)な美の迫力に圧倒され、敗北感を味わうとともに、芸術的スタイルの完成がナポレオンの世界征服にも匹敵しうる創造的行為であると悟る。しばしば欧米間を往復するうち、1875年、ヨーロッパ永住を決意し、最初はパリに滞在、フロベール、ゴンクール(兄)、ゾラ、ドーデ、ツルゲーネフらと交わり、小説作法とリアリズム理論を学ぶ。1876年以降はイギリスに定住、欧米間の風習や考え方の相違が生む悲喜劇を主題とする「国際物語」を発表。すなわち『アメリカ人』(1877)、『デイジー・ミラー』(1879)、『ある婦人の肖像』(1881)の諸作で、作家としての地位を確立した。

 兄ウィリアムは幼少より才気煥発(かんぱつ)、行動型で、つねに弟に一歩先んじていたことが、ヘンリーを兄とは対照的な観察型の人物に仕上げたといわれる。さらに18歳のとき、火災の消火作業中、背中に負傷、この一件が心理的抑圧の因となり、南北戦争にも行かず、生涯を独身で通し、鋭利な観察を根底に置く独自の「視点」の文学を開拓した。彼は特定の人物を設定し、その者の視点と意識を通して現実をとらえる方法で小説のドラマ性とリアリティを追求する。とくに1890年代には劇作の経験と相まって、「視点の劇化」の斬新(ざんしん)な実験を小説のなかで行った。芸術家を主人公とする物語、幽霊物語も数多い。『ねじの回転』(1898)は後者の代表例である。

 従妹ミニーの肺結核による死は、青春、理想など人生価値の挫折(ざせつ)、裏切りの象徴として受け止められ、ジェームズのいう「災難の想像力」の門が開かれる。以後、裏切りと断念の主題が執拗(しつよう)に追求される。円熟期の三大小説、『鳩(はと)の翼』(1902)、『使者たち』(1903)、『黄金の盃(さかずき)』(1904)は、以上の主題と技法を渾然(こんぜん)と融合させ、欧米文化統合のビジョンを含むジェームズ文学の最高峰といえよう。50年にわたる作家生活の所産は、長編19、中短編110余、戯曲15、その他『アメリカ印象記』(1907)、ヨーロッパ旅行記、自伝回想録など、また数多くの評論も残している。1916年2月28日、ロンドンで没。

[岩瀬悉有]

『西川正身訳『デイジー・ミラー』(新潮文庫)』『蕗沢忠枝訳『ねじの回転』(新潮文庫)』『谷口陸男編『二十世紀英米文学案内1 ヘンリー・ジェイムズ』(1967・研究社出版)』『F・O・マシーセン著、青木次生訳『ヘンリー・ジェイムズ 円熟期の研究』(1972・研究社出版)』『谷口陸男編著『ヘンリー・ジェイムズ研究』(1977・南雲堂)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android