ゴンクール

精選版 日本国語大辞典「ゴンクール」の解説

ゴンクール

[一] (Edmond de Goncourt エドモン=ド━) フランスの小説家。弟ジュールとともに自然主義文学の先駆者。常に弟と共同で創作を行なう。弟の没後、単独で文筆活動を続け、「歌麿」「北斎」などを著わして、日本の浮世絵の紹介にも貢献した。兄弟の「日記」は、時代のすぐれた裏面史として有名。(一八二二‐九六
[二] (Jules de Goncourt ジュール=ド━) フランスの小説家。兄エドモンの協力者。合作の「ジェルミニー・ラセルトゥー」は、愛欲にとりつかれた一女中の悲惨な二重生活を描いた生理学的写実小説。(一八三〇‐七〇

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「ゴンクール」の解説

ゴンクール(Goncourt)

(Edmond Huot de ~)[1822~1896]フランスの小説家。の兄。弟とともに「ジェルミニー・ラセルトゥー」など、自然主義小説合作。また、日本の浮世絵の研究・紹介にも努めた。
(Jules Huot de ~)[1830~1870]フランスの小説家。で、多くの小説を合作。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android