コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジグ ジグjig

翻訳|jig

7件 の用語解説(ジグの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジグ
ジグ
jig

イギリスの民俗舞踊アイルランドで興った滑稽踊りがエリザベス朝期に宮廷舞踊に取入れられて 16世紀に流行した。 17世紀の中頃にはヨーロッパ大陸でも踊られるようになり,フランスのジグやイタリアのジガといった組舞や輪舞など独自の舞踊を生んだ。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジグ
ジグ
gigue

(1) 中世において擦弦楽器に対して用いられた名。イタリア語の giga,ドイツ語の Geige (バイオリンの意) はそこから出たと考えられる。 (2) イギリスのジグ jigに起源をもつといわれる3拍子あるいは複合3拍子の活気ある宮廷舞踊曲,または器楽用舞曲。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

ジグ
ジグ
jig

加工を容易にし,量産化と精密化をはかるときに用いる補助工具で,加工部品と工具が整合するようにつくられる。たとえば部品に多数の穴あけをする場合,穴の関係位置が正確な型をつくり,部品に合せてから型の穴部を案内としてドリルで加工すれば個々に穴あけするよりも高い能率と精度が得られる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジグ

工作物を固定するとともに切削工具の位置を正しく保つための道具。治具の字を当てることもある。主として穴あけ,中ぐり,リーマー通しなどの穴加工に用い,加工位置が容易かつ正確に定められる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジグ【jig】

物を加工する場合,加工される工作物と使用する工具との相対位置が正しく保たれていなければ,加工に使用する工作機械がどんなに正確であっても正確な製品を作り出すことはできない。例えば,加工中に生ずる切削力や切削熱のために工具や工作物が変形したり移動すれば,正しい製品はできない。このような不つごうを防止するために用いられる道具をジグという。日本では治具の字をあてたこともあり,また,生産現場では昔から〈やとい〉と呼ぶことが多かった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

ジグ【gigue】

一七、八世紀にヨーロッパで流行した三拍子系の舞曲。イギリス起源。古典組曲の終曲となることが多い。ジーグ。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

世界大百科事典内のジグの言及

【ジーグ】より

…6/8や9/8による速いテンポの舞曲。アイルランドで今日でも奏される舞曲ジグjigに由来するといわれる。フランスのリュート奏者J.ゴーティエにより17世紀前半にロンドンからパリの宮廷に伝えられた。…

【比重選別】より

…ライケルトコーンはこのような分散板と分離板をなん段にも重ねて配置し,その回路構成によって多様な繰返し選別を行うことができるように設計されている。 〈ジグjig〉は鉱石や石炭の粒子層に対し,上下に脈動する水流を作用させることによって比重選別を行う装置である。その原理を図4に示す。…

【ルアーフィッシング】より

…ルアーは〈おとり〉を意味し,金属や木,合成樹脂などを素材にしてさまざまな形につくった擬餌(ぎじ)をいう。大別すれば,名称のごとく湾曲をもたせたスプーンspoon,小魚に似た立方体のプラグplug,水中で回転するスピナーspinner,深いところで上下に運動させるため重くつくったジグjig,カエルやミミズなどの姿に似せたイミテーションルアーの5種がある。釣る際にはルアーの形,色,大小,動きを考慮して選び,リールを巻きながらルアーを演出するといった積極性が要求される。…

※「ジグ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジグの関連情報