コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジッペ Sippe

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジッペ
Sippe

古代ゲルマン社会の氏族共同体。元来は1人の始祖に始る男系の氏族団体で,宗教的性格をも帯びていた。ジッペは古代ゲルマン民族の根元的な生活単位であり,人々はジッペの保護下で生活の安全を保障され,外部からの加害に対してジッペ成員全員による救済を期待しえた。経済生活もまたジッペを単位としており,成員の私法的権利はジッペの総有権によって包括されていた。移動期のゲルマン人が定住する際に,ジッペは農業生産共同体として機能した。戦時における軍の単位もまた当然ジッペであった。ゲルマン法が根本において団体法であるのは,このジッペに起因する。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジッペ【Sippe】

伝統的なドイツ法制史の体系の中で中心的な地位を占める概念のひとつで,古代ゲルマン社会における氏族団体(もともとは共通の始祖から発した男系親族の一団)を意味する。このジッペは,確固たる組織をもつ法的団体であり,ゲルマン人の社会生活,法生活の全体を支配する重要な意義を有するものとされる。すべての自由人はいずれかのジッペに属し,それによって社会の一員となることができた。すなわちジッペは,第1に平和団体であり,その成員に平和を保障し,内部の秩序を維持するため固有の刑罰権を有する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジッペの言及

【家】より

…日本の家も西欧のファミリーも,その基本的機能は成員の生活保障にある。だからこそ血縁者のみでなく,他人もいれる必要がでてくる。英語のファミリーfamilyの原義は家の使用人たちであった。歴史とともに社会が安定し,生活が容易になれば,他人を必要とせず,血縁につながる近親者の小集団に縮小してくる。しかし,家の血縁に対する考え方は国によって違う。家族
【日本】

[結合原理としての家――伝統と変容]
 日本の場合,血縁尊重ということがよくいわれる。…

【ゲルマン人】より

…それはすでに長い前史をもつ定着的な農耕と牧畜を主業とする社会であり,地理的な事情もあって北東部諸族の間では,南西部におけるよりも牧畜が重視されていた。氏族(ジッペ)の遺制とその観念は,たとえ擬制的なものであるにせよ,農村の生活,戦闘のやり方,私法上の諸慣習にかなり濃厚にみうけられるが,しかしそれらを越えた政治的なまとまりがあり,その公的な制度と秩序は厳然と保持されていた。そうした政治的まとまりは,全ゲルマニアをうって一丸とした領域国家ではなしに,ローマの著述家によりキウィタスと呼ばれた小国家の分立であり,しかもそれは地縁的なまとまりというよりも,本質的には人的な結合体という性格の強いものであった。…

【私刑】より

…さらに清代の南中国では同族・同郷集団の間での武力闘争,いわゆる械闘(かいとう)がしばしば起こったが,これらの組織内での盗犯・姦淫について,公権力によらず私刑を行ったことがあった。【植松 正】
[ヨーロッパ]
 ゲルマン古代においては,犯罪は(1)個人の利益(生命,身体,財産,名誉など)を害するものと,(2)国家や人民団体の利益を害するものの2種類に分けられ,前者の個人の利益の侵害に対しては,ジッペ(氏族団体)による制裁に任された。すなわち,被害者のジッペは,加害者のジッペに対して復讐を行う権利と義務を有し,他方加害者のジッペも加害者を援助して復讐に応じる義務があった。…

【フェーデ】より

…ゲルマン古代ならびにゲルマン法において,違法行為が私人たる当事者の間に発生した場合に,被害者の所属する氏族団体すなわち〈ジッペ〉と,加害者のそれとの間に自動的に生じる敵対関係をいう。そしてこの関係は,基本的には,被害者側による血の復讐の成功をもって終結する。…

※「ジッペ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

ジッペの関連キーワードサンクリストヴォンの町のサンフランシスコ広場シティ・オブ・エンジェルズサンクリストバンアラカジュー伯剌西爾フェーデ平和喪失人命金血讐賤民

今日のキーワード

奨学金破産

学生が国の奨学金制度を利用したものの、返済の目途が立たずに自己破産すること。国内の自己破産の総件数は2003年をピークに減少傾向にあるが、このうち奨学金関連の破産は3000人前後の状況が続いており、1...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android