コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャカール Jacquard, Joseph-Marie

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャカール
Jacquard, Joseph-Marie

[生]1752.7.7. リヨン
[没]1834.8.7. ウラン
フランスの発明家,ジャカード織機の発明者。フランス革命後リヨンの工場で働きながら織機改良を続け,余暇に自分で組立てた紋織機を 1801年パリの産業博覧会に出品,優秀性を認められた。省力化によって生計を奪われることを恐れた絹織物業者の激しい反対を受けたが,この織機は広く用いられるようになり,12年までに国内だけで1万 1000台が普及した。死の6年前生地リヨンに彼の像が立てられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

百科事典マイペディアの解説

ジャカール

フランスの発明家。織機の発明・改良を志し,1801年ごろ複雑な模様の織物を容易に織れる装置(ジャカード)を発明,以後もこの機械の改良を続けた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャカール【Joseph Marie Jacquard】

1752‐1834
フランスの機械発明家。リヨンの絹織布工の家に生まれる。印刷所での製本や活字鋳造の徒弟を経て,織機の改良に取り組む。絹の紋織は18世紀を通じて工夫が行われたが,ジャカールはパリに残されたボーカンソンの織機の改良・工夫に取り組みながら,それまでの技術を集大成した紋織機をつくった。1801年ごろ完成し,04年に特許を取得した。この機械は,紋様に合わせ経糸(たていと)を選択して引き上げる動作を,穴をあけたカードによって自動的に制御するものであり,絹織物工業に画期的な変革をもたらした。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャカール
じゃかーる
Joseph Marie Jacquard
(1752―1834)

紋織織機の発明者。フランスのリヨンに生まれる。工場で働きながら紋織機の製作に取り組み、1801年パリの産業博覧会に出品、その後も改良を重ねて、1804年には今日彼の名を冠してジャカード織機とよばれている機械の原形を完成した。原理は厚紙に孔(あな)をあけ模様を記憶させる画期的なもので、のちのパンチカードシステムの発端となった点でも注目される。この織機の出現によって仕事を奪われることを恐れた織工の反対にあうが、性能が認められてしだいに普及した。1806年フランス政府によって共同財産に指定され、年金と特許料が支給された。リヨンに銅像がある。[篠原 昭]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジャカールの言及

【織機】より

…空引機の技術はまずイタリアで,ついでフランスで発展し,1725年ブーションBasile Bouchonが紋紙を使用する装置を考案し,ついでファルコンM.Falcon,さらにボーカンソンJacques de Vaucanson(1709‐82)によって自動化が進められた。1801年から04年にかけてフランスのJ.M.ジャカールは彼らの装置を改造,さらに発展させ,今日のジャカードの基本技術を作りあげた。一方,イギリスでは1733年,ケイJohn Kay(1704‐64)が飛杼装置を発明し,力織機発明の端緒を作った。…

※「ジャカール」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャカールの関連キーワードブリュッセル・カーペットオートメーションジャカード機からくり人形自動制御7月7日からくり

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android