コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャネ Janet, Paul

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャネ
Janet, Paul

[生]1823.4.30. パリ
[没]1899.10.4. パリ
フランスの哲学者。エコール・ノルマル・シュペリュール (高等師範学校) で V.クーザンに師事し,1848年その秘書。 56年ストラスブール大学,64~98年パリ大学教授。 64年学士院会員。内省に基づく唯心論の立場で心理学的形而上学を展開。科学の成果をも取入れようとした。政治論では自然法の立場から国家権力を制限した。主著"Histoire de la science politique dans ses rapports avec la morale" (1872) ,"Principes de métaphysique et de psychologie" (97) 。

ジャネ
Janet, Pierre (-Marie-Félix)

[生]1859.5.30. パリ
[没]1947.2.24. パリ
フランスの心理学者,精神病理学者。 J.シャルコーの門下となり,サルペトリエール病院の心理学実験室主任をつとめたのち,パリ大学講師,1902~36年には,コレージュ・ド・フランスの教授。ヒステリー患者の観察に基づき,人格の崩壊に関する独自の階層的緊張説を主張した。その体系は行為の心理学ともいわれ,精神療法に科学的な心理学的基礎を与えた先駆者の一人。主著『心理的自動症』L'Automatisme psychologique (1889) ,『ヒステリーの心的状態』L'État mental des hystériques (1911) ,『苦悩より恍惚へ』 De l'angoisse à l'extase (2巻,27~28) ,『知能の発生』 Les Débuts de l'intelligence (35) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジャネ(Pierre Janet)

[1859~1947]フランスの心理学者・精神医学者。ノイローゼヒステリーに関する独自の理論を展開し、ユングらに影響を与えた。著作に「ヒステリーの精神状態」など。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

ジャネ

フランスの心理学者,精神医学者。サルペトリエール病院でシャルコーに師事。ヒステリーや精神衰弱について研究し,精神病理学を確立した。同病院心理学研究所長,コレージュ・ド・フランス教授。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジャネ【Pierre Janet】

1859‐1947
フランスの心理学者,精神医学者。哲学者ポール・ジャネのおい。サルペトリエール病院でJ.M.シャルコーに師事し,ヒステリーなどの臨床研究に従事した。正常な総合的精神活動と,過去の精神活動の反復にすぎない心理自動症を区別することによって精神病理学を確立,ついで心理自動症をその病的形態にもとづいて,ヒステリーと精神衰弱症に二大別した。さらに精神諸機能を階層的に8段階に分類し,おのおのの段階に心理学的諸機能を位置づけた。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

ジャネ【Pierre Janet】

1859~1947) フランスの心理学者・精神医学者。ヒステリー・精神衰弱に関する独自の理論を展開。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャネ
じゃね
Pierre Janet
(1859―1947)

フランスの代表的な異常心理学者。パリに生まれ、高等師範学校(エコール・ノルマル・シュペリュール)で学ぶ。サルペトリエール病院の心理実験室長、ソルボンヌ大学(パリ大学)教授、コレージュ・ド・フランスの教授などの要職につく。ヒステリーの二重人格に関する研究は有名で、フロイトの精神分析と類似したところもある。基本的には人格(精神)を統合と分化の過程と考え、統合的な力が弱まると解離が生じ、神経症や精神病の症状をおこすと考える。トラウマによって解離がおこるという考え方は、精神医学に大きな影響を与えた。おもな著書に『強迫現象と精神衰弱』(1903)、『ヒステリーの精神状態』(1907、1911)、『人格の心理的発達』(1929)などがある。[外林大作・川幡政道]
『関計夫訳『人格の心理的発達』(1955・慶応通信) ▽ピエール・ジャネ著、松本雅彦訳『心理学的医学』(1981・みすず書房) ▽ピエール・ジャネ著、松本雅彦訳『解離の病歴』(2011・みすず書房)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

367日誕生日大事典の解説

ジャネ

生年月日:1823年4月30日
フランスの哲学者
1899年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

世界大百科事典内のジャネの言及

【ヒステリー】より

…子宮説に対して脳に問題があるとはじめてみなしたのは,ルポアC.Lepois(1618)であり,情緒因子が一次的だと考えたのはブローディB.C.Brodie(1837)である。しかし,ヒステリーに対してはじめて根拠のある理論を提出したのは,J.M.シャルコー(1887),P.ジャネ(1889),J.ブロイアー(1895),S.フロイト(1895)である。そして彼らのなかで,心理的要因をもっとも重視したのは,ブロイアーとフロイトであり,二人の共著になる《ヒステリー研究》も刊行されている。…

※「ジャネ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジャネの関連キーワードノッサセニョーラドモンテドカルモ教会永続可能なオランダ・アクションプランRIO DE BRAVO!!リオデジャネイロマラソンサンジョアンデメリティ治安維持部隊(UPP)ロドリゴデフレイタス湖イタティアイア国立公園ドゥケ・デ・カシアスロドリゲス・アルベスリオデジャネイロ州ドゥケデカシアス十一月十五日広場プエルトナタレスコルコバードの丘ゴベルナドル島ノバ・イグアスプンタアレナスアルポアドールテレゾポリス

今日のキーワード

テロ支援国家

国際的なテロリズム組織を資金や物資などの面から援助している国家。[補説]特に、米国国務省が作成する報告書で指定を受けた、イラン・スーダン・シリアの3か国のこと。北朝鮮は1988年1月に指定、2008年...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android