コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュベ Jouvet, Louis

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジュベ
Jouvet, Louis

[生]1887.12.24. フィニステール,クロゾン
[没]1951.8.16. パリ
フランスの演出家,俳優。パリで薬学を学んだのち,1910年に J.コポー演出の『カラマーゾフの兄弟』に出演,13年ビュー=コロンビエ座に舞台監督として参加,第1次世界大戦中のアメリカ巡業後,同座で俳優としても認められた。その後コメディ・デ・シャンゼリゼ座に移って独立し,『クノック』『お月様のジャン』などで大当りをとる。 28年『ジークフリート』の初演によってジロドゥと親交を結び,34年アテネ座に移ってからも主としてジロドゥ劇を上演。『北ホテル』『旅路の果て』など映画でも名演を残し,晩年にはジュネやサルトルの作品も手がけた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

ジュベ

フランスの俳優,演出家ビュー・コロンビエ座の創設に参加し,コポーの助手を務めたのち1922年独立,ジュール・ロマンの《クノック》で成功を収めた。劇作家ジロドゥーとの提携は有名。
→関連項目バティ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジュベ【Louis Jouvet】

1887‐1951
フランスの俳優,演出家。その独特なマスク,個性的な演技,斬新な舞台表現により,多くの観客を魅了した。初めは医学を志望したが,やがて芝居に取りつかれて役者になる決意を固める。1911年,コポーの演出した《カラマーゾフの兄弟》で長老ゾシマを演じて注目され,13年,この高名な演出家が設立したビュー・コロンビエ座に参加する。理論家コポーにとって,実際の舞台で鍛え抜かれたジュベの実践能力はきわめて貴重であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

世界大百科事典内のジュベの言及

【フランス演劇】より


【20世紀】
 20世紀フランス演劇をその変革の相においてとらえれば,大別して三つの時期を認めることができる。第1は,1913年,J.コポーによる〈ビユー・コロンビエ座〉創設から,両大戦間におけるL.ジュベ,C.デュラン,G.ピトエフ,G.バティの4人の演出家による〈カルテル四人組〉の時代,第2は,J.L.バローによるカルテルの遺産の発展と並行して50年代に起きる三つの事件,すなわちJ.ビラールによる〈民衆演劇運動〉と〈演劇の地方分化〉の成功,E.イヨネスコ,S.ベケット,A.アダモフ,J.ジュネらの〈50年代不条理劇〉の出現,そして〈ブレヒト革命〉であり,第3の時期は,68年のいわゆる〈五月革命〉によって一挙に顕在化した社会的・文化的危機の中で,演劇が体験した一連の大きな〈異議申立て〉(A.アルトーの徴の下に広がった〈肉体の演劇〉を中核とする)とその結果である。
[演出家の時代――コポーと〈カルテル四人組〉]
 演出家で集団の指導者をフランス語でアニマトゥールanimateurと呼び,20世紀を〈アニマトゥールの世紀〉と称するが,コポーはアニマトゥールの枠組みそのものを提示した人物である。…

※「ジュベ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジュベの関連キーワードカジミエシ4世ヤギェロンチクタックス・ヘイブン税制クリスチャン ベラール聖アルジュベティ大聖堂デュポン・ド・ルールビュー=コロンビエ座聖アルジュベティ教会アンデルソン・リマシャトーブリアンルワンダ愛国戦線レヴィー クルピシャイヨーの狂女ルイス フェリペロブソン ポンテトリポリタニアジークフリートブエナビスタエジミウソンベッチーニョイズベスチヤ

今日のキーワード

大義

1 人として守るべき道義。国家・君主への忠義、親への孝行など。「大義に殉じる」2 重要な意義。大切な事柄。「自由平等の大義を説く」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android