コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

コポー コポーCopeau, Jacques

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

コポー
Copeau, Jacques

[生]1879.2.4. パリ
[没]1949.10.20. ブルゴーニュ,ボーヌ
フランスの演出家。パリの貴金属細工商の家に生れた。 A.ジッドに認められて文芸批評を行い,1909年『新フランス評論』 NRFの創刊に参画,その主筆となったが,11年『カラマーゾフの兄弟』の脚色をしたことから,演劇改革運動を決意,13年ビュー=コロンビエ座を創立,商業主義を排して芸術としての品位と純粋性をそなえた演劇を目指した。戯曲を重視するとともに,G.クレイグや A.アッピアの流れをくむ造型的で簡潔な演出によって主としてモリエールシェークスピアの作品で成功を収めた。第1次世界大戦後演劇学校をつくり,24年その生徒とともにブルゴーニュの田舎に引きこもり,理想の演劇の実現をはかった (→コポー一座 ) 。 36年コメディー・フランセーズの演出に参与,40年には監督に就任したが,ナチスの干渉を快しとせず翌年辞任,再びブルゴーニュに引きこもった。著書に『ビュー=コロンビエ座の回想』 Les Souvenirs du Vieux-Colmbier (1931) ,『民衆演劇論』 Le Théâtre populaire (41) などがある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

コポー(Jacques Copeau)

[1879~1949]フランスの演出家・俳優。演劇の商業化に反対し、演劇革新運動を展開、フランス現代劇の基礎を築いた。

出典|小学館デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

コポー

フランスの俳優,演出家。早くから劇作,評論に活躍,ジッドらと《NRF》誌の創刊に参加。1913年ビュー・コロンビエ座を創設,反自然主義演劇を推進。C.デュラン,L.ジュベなどを発見育成した。
→関連項目シュランベルジェバティピトエフ

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

コポー【Jacques Copeau】

1879‐1949
フランスの演出家。パリの工場主の家に生まれ,16歳から劇作を試みた。ソルボンヌに学んだのち,劇評家として認められ,1909年にジッドらと雑誌《NRFエヌエルエフ)》の創刊に参加。その後援で13年に小劇場ビュー・コロンビエ座を設立し,デュラン,ジュベらと共に演劇の品位の回復と商業主義からの脱却をめざし,シェークスピアやモリエールの現代的演出に成功したほか,マルタン・デュ・ガール,ビルドラックロマンなどの新進作家も見いだした。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

大辞林 第三版の解説

コポー【Jacques Copeau】

1879~1949) フランスの俳優・演出家。文芸誌「 NRF エヌエルエフ(新フランス評論)」を創刊。ビュー-コロンビエ座を開設、フランス現代劇の基礎を築いた。

出典|三省堂大辞林 第三版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

コポー
こぽー
Jacques Copeau
(1879―1949)

フランスの演出家、俳優。20世紀初頭のフランス演劇の革新者。パリに生まれる。ソルボンヌ大学に学んだが、早くから劇作、評論の筆をとり、ジッドを中心に創刊された文芸誌『NRF(エヌエルエフ)』の同人となる。1913年、この同人たちを後ろ盾にして、商業主義に毒され堕落した「演劇の再演劇化(芸術化)」を企て、ビュー・コロンビエ座(客席360)を創設する。彼の演出は、戯曲に内在する劇詩人の精神的生命を舞台に具体的に移すことと考え、まずテキストを尊重した。その具現化にあたっては、舞台芸術家クレイグとアッピアに影響され、簡素な常設の「裸の舞台」をつくって、シェークスピア、モリエール、メリメなどの作品の斬新(ざんしん)な演出をし、演劇運動を展開した。この運動はのちにデュラン、ジューベなどに受け継がれた。また、独自の演劇学校をつくり、俳優の教育にあたった。岸田国士(くにお)はここで学び、コポーの精神を日本の新劇運動に移そうとした。[加藤新吉]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のコポーの言及

【演出】より

…ソ連では,モスクワ芸術座の写実主義的傾向にあきたらず,独創的な肉体訓練を俳優に実践させ,世界の前衛的な芸術運動に多大な影響を与えたV.E.メイエルホリドが,反リアリズム,抽象美の舞台をつくりあげた。フランスではJ.コポーが,ビュー・コロンビエ座を創設(1913),裸の舞台で,戯曲を尊重し,俳優に自由な演技を求めた。イギリスではH.G.バーカーが内的真実を強調しつつ,シェークスピアを現代に復活させた。…

【ジュベ】より

…初めは医学を志望したが,やがて芝居に取りつかれて役者になる決意を固める。1911年,コポーの演出した《カラマーゾフの兄弟》で長老ゾシマを演じて注目され,13年,この高名な演出家が設立したビュー・コロンビエ座に参加する。理論家コポーにとって,実際の舞台で鍛え抜かれたジュベの実践能力はきわめて貴重であった。…

【フランス演劇】より


【20世紀】
 20世紀フランス演劇をその変革の相においてとらえれば,大別して三つの時期を認めることができる。第1は,1913年,J.コポーによる〈ビユー・コロンビエ座〉創設から,両大戦間におけるL.ジュベ,C.デュラン,G.ピトエフ,G.バティの4人の演出家による〈カルテル四人組〉の時代,第2は,J.L.バローによるカルテルの遺産の発展と並行して50年代に起きる三つの事件,すなわちJ.ビラールによる〈民衆演劇運動〉と〈演劇の地方分化〉の成功,E.イヨネスコ,S.ベケット,A.アダモフ,J.ジュネらの〈50年代不条理劇〉の出現,そして〈ブレヒト革命〉であり,第3の時期は,68年のいわゆる〈五月革命〉によって一挙に顕在化した社会的・文化的危機の中で,演劇が体験した一連の大きな〈異議申立て〉(A.アルトーの徴の下に広がった〈肉体の演劇〉を中核とする)とその結果である。
[演出家の時代――コポーと〈カルテル四人組〉]
 演出家で集団の指導者をフランス語でアニマトゥールanimateurと呼び,20世紀を〈アニマトゥールの世紀〉と称するが,コポーはアニマトゥールの枠組みそのものを提示した人物である。…

※「コポー」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

コポーの関連キーワードトランシルバニアン・ハウンドハロルド・E. クラーマンジャン シュランベルジュマルタン・デュ・ガールコメディ・フランセーズビュー=コロンビエ座商船テナシチーアンリ ゲオン新フランス評論E. マゾールイ ジュベパントマイム邯鄲(能)アシャールクラーマンサン=ドニ2月4日舞台装置獅子文六ジューベ

今日のキーワード

かりゆし

1 沖縄方言で「縁起がよいこと」「めでたいこと」を表す語。2 「かりゆしウエア」の略。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

コポーの関連情報