ジョージ[1世](読み)ジョージ

  • 1世
  • George I

百科事典マイペディアの解説

英国王(在位1714年―1727年)。ドイツのハノーファー選帝侯エルンスト・アウグストの子。イングランド王ジェームズ1世の曾孫であることからアン女王の没後王位を継承ハノーバー朝の始祖となる。英語が話せず国情にも通じていなかったため,政治の実権をウォルポールにゆだね,ここから〈国王は君臨すれども統治せず〉という英国の立憲君主制が発展したといわれる。
→関連項目ジョージ[2世]ヘンデル

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

1660‐1727
イギリス王。在位1714‐27年。ドイツのハノーファー選帝侯とイギリス王ジェームズ1世の孫娘ソフィアとの間に生まれ,1698年,父のにともない選帝侯位を継承。1701年,イギリスの王位継承法によって母のソフィアがウィリアム3世とアンのあとのイギリス王位継承者に指定されたが,ソフィアが1714年6月に没したため,同年8月のアン女王死後,ジョージ1世がハノーバー朝初代王として即位した。彼は即位前,ハノーファー選帝侯としてスペイン継承戦争にも従軍し,また北方戦争進展にともなう北ヨーロッパの動向にも大きな関心を寄せていた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジョージ[1世]の言及

【ハノーバー朝】より

…イギリスの王朝。1714年,スチュアート朝最後のアン女王が没すると,1701年にジェームズ2世やその子孫の復位を阻止する目的でつくられた王位継承法の規定により,新教徒であるハノーファー選帝侯の長子ゲオルク(ジョージ)がイギリス王位を継承,ジョージ1世として開いたのがハノーバー朝である。この王朝は,その後名称を変えながら現在まで継続している。…

【ハノーファー】より

…1692年選帝侯の資格を得る)の宮廷都市として発展する。1714年ハノーファー選帝侯ゲオルク・ルートウィヒがイギリス国王ジョージ1世となり,以後1837年までハノーファー選帝侯国(1814年王国)とイギリスとの間に同君連合の関係が続いた。66年ハノーファー王国はプロイセンに併合され,1945年までプロイセンの地方行政都市の地位に甘んじたが,ハノーファーの工業化はこのプロイセン時代に行われた。…

※「ジョージ[1世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android