コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョージ[2世] ジョージ

百科事典マイペディアの解説

ジョージ[2世]【ジョージ】

英国王(在位1727年―1760年)。ジョージ1世の子。父同様ドイツ生れのため,内政をウォルポール,大ピットに一任した。オーストリア継承戦争に自ら軍を率いて出兵,1743年フランス軍を破った。
→関連項目ジョージ[3世]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジョージ[2世]【George II】

1683‐1760
イギリス王。在位1727‐60年。ハノーバー朝第2代の王。王の治世にイギリスはオーストリア継承戦争と七年戦争に参戦し,とくにフランスとの商業覇権や植民地をめぐる戦いを有利に進めて,国の富と力を大いに増強したが,それは先王の治世以来引き続き政権を担当したウォルポール首相や後継のペラム,ニューカスル公,あるいは大ピットらの国政指導の成果であった。王自身は凡庸で,その治世に王権はいっそう縮小した。【松浦 高嶺

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジョージ[2世]の言及

【ゲッティンゲン大学】より

…ドイツのゲッティンゲンにある大学。ハノーファー選帝侯のゲオルク・アウグスト(のちのイギリス王ジョージ2世)がミュンヒハウゼンGerlach Adolf Freiherr von Münchhausen(1688‐1770)の計画にもとづいて1737年に開設した。正式名称はゲオルク・アウグスト大学Georg‐August‐Universität。…

【ハノーバー朝】より

…イギリスの王朝。1714年,スチュアート朝最後のアン女王が没すると,1701年にジェームズ2世やその子孫の復位を阻止する目的でつくられた王位継承法の規定により,新教徒であるハノーファー選帝侯の長子ゲオルク(ジョージ)がイギリス王位を継承,ジョージ1世として開いたのがハノーバー朝である。この王朝は,その後名称を変えながら現在まで継続している。…

※「ジョージ[2世]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジョージ[2世]の関連キーワードジョージ[1世]ピット[大]ジャコバイト

今日のキーワード

いい夫婦の日

11月22日。通商産業省(現経済産業省)が制定。パートナーへの感謝の意を示し、絆を深める。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android