コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイゼンジノリ(水前寺海苔) スイゼンジノリAphanothece sacrum

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スイゼンジノリ(水前寺海苔)
スイゼンジノリ
Aphanothece sacrum

藍藻類クロオコックス目クロオコックス科の淡水藻。湧水地の清水のたまった池に出現する群体性の藻類。熊本県水前寺の池のものが有名で,その名がつけられ,天然記念物に指定された。多少でこぼこのみられる塊状で,径数 cmに及ぶ。暗藍色であるが,顕微鏡で見ると透明な寒天質中に長径 3.5~6μmの楕円形の細胞から成る藻体が不規則に散在している。天然記念物指定外の地でとれるものは,厚い膜状の乾物とし,食用として売出されている。寿泉苔,紫金苔と名づけている地方もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報