コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウェーデン映画 スウェーデンえいが

世界大百科事典 第2版の解説

スウェーデンえいが【スウェーデン映画】

ジョルジュ・サドゥールをはじめ,世界の映画史家がスウェーデン映画をその北欧的な〈神秘主義〉によって定義している。レスリー・ハリウェルはそれを〈ロマンティックなペシミズム〉と言い換えているが,いずれにせよ,そうした傾向は伝説と現実の微妙な交錯を特色としたスウェーデンの女流作家ラーゲルレーブの小説を〈感動的な造形美〉に転化したビクトル・シェーストレーム(《沼の家の娘》1917,《霊魂の不滅》1920)とマウリッツ・スティルレル(《吹雪の夜》1919,《イェスタ・ベルリング物語》1924)によっていち早く世界に知られ,サイレント映画史の輝かしい1ページを飾った。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スウェーデン映画
すうぇーでんえいが

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スウェーデン映画の関連キーワードマイライフ・アズ・ア・ドッグイングリッド チューリンマックス・フォン シドー夏の夜は三たび微笑む幸せなひとりぼっち鏡の中にある如くマガリ ノエルシェーストレムリヴ ウルマン叫びとささやき仮面/ペルソナある結婚の風景沈黙(映画)シェーベルイアウグスト移民者たち第七の封印ベルイマン春の悶え処女の泉

今日のキーワード

隗より始めよ

《中国の戦国時代、郭隗(かくかい)が燕(えん)の昭王に賢者の求め方を問われて、賢者を招きたければ、まず凡庸な私を重く用いよ、そうすれば自分よりすぐれた人物が自然に集まってくる、と答えたという「戦国策」...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スウェーデン映画の関連情報